ピクシブ百科事典

夏黄文

かこうぶん

週刊少年サンデー連載作品『マギ』の登場人物。
目次[非表示]

概要

年齢26歳
身長183cm
趣味出世
特技人心掌握(自称)
弱点紅玉の我侭
CV鈴村健一


練紅玉の付き人で、彼女が幼い頃から仕えており、紅玉とともに迷宮を攻略した。
煌帝国西域進出に乗じて「紅玉を小国の王に嫁がせて、自分が後見人として国の実権を握る」という野望を抱き、バルバッドやシンドリアでそれを実行しようとする。
このように紅玉を道具として策謀するなど従者として疑わしい一面も見られたりする一方、彼女の望みを叶えられないことを心苦しく思っているような描写があり、真意の程は分からない。だが、なんだかんだ言って紅玉の我儘には弱かったりする。
また、作者のものと思われる手書きブログからは、日頃から紅玉の剣術の鍛錬に協力するなど(そして手加減しているらしい)、やはり従者らしい面を備えている。
また、紅玉が性的に下世話な話題に疎い初な面を備えているのは、彼の過保護(?)によるところもあるようだ。

顔にある刺青が特徴的であり、そのデザインからかジュダルからは「メガネ」と呼ばれている。(事実、作者は当初眼鏡キャラで考えていたとのこと)

生い立ち

煌国北軒州の寒村に生まれ、「科選」試験を優秀な成績で突破し、官吏として登用される。
10代後半で紅玉の付き人に抜擢される。劣等感から陰気な性格だった紅玉に「人の立場は努力次第で変わります」という旨の説得を行い、彼女の性格改善に一役買った。
また、メイクの指導をしたり、後にジンを宿すことになる簪を贈ったりと、紅玉の外見面の指導にも関わっていた。

紅玉を魅力あふれるキャラに仕立て上げた事から一流のプロデュース能力があるようだ。

最終章でも紅玉を見捨てることなく、破綻寸前の煌帝国を何とか立て直すために
官僚と共に政策を打ち出すが、ブーデル曰く「どれも的外れ」で
手詰まりの状況に陥ってる様だ

関連タグ

マギ 煌帝国 練紅玉 ジュダル
従者コンビ 煌帝国トリオ

pixivに投稿された作品 pixivで「夏黄文」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2443247

コメント