ピクシブ百科事典

多節棍

たせつこん

棍棒に類する打撃武器の一種。 棍棒を分断し、鎖や耐摩耗性の高い紐などで繋いだもので、鞭のような変則的な攻撃が可能。 ただし、扱いもその分、難しい。
目次[非表示]

概要

棍棒を短く分断し、馬の尾毛などの丈夫な紐や鎖で連結した関節(連節)を持つもの。
西洋のフレイルに近い武器で、特に中国武術で発展を遂げることとなった。
鞭のような変則的な攻撃が可能だが、その扱いも熟練の技を必要とする。

代表的なものは三節棍で、文字通り三つに分断されて二つの連節で繋がれたもの。
ほかにも五節棍九節棍といったものも存在し、基本的には奇数倍で連結が増える傾向にある。
ヌンチャクも多節棍の一種であり、中国で発展したものが琉球王国(沖縄)に伝来し、その後小型化が進んで現在の形に収まったものとされる。

創作では蛇轍槍のように多節棍化した槍も存在する。

多節棍の使い手


外部リンク

wikipedia

関連タグ

武器 棍棒 ロッド/
 蛇腹剣

pixivに投稿された作品 pixivで「多節棍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33779

コメント