ピクシブ百科事典

夜兎

やと

漫画・アニメ『銀魂』に登場する、宇宙最強最悪の戦闘民族。
目次[非表示]

概要

荼吉尼・辰羅と並び称される宇宙三大傭兵部族の一角。戦いを好む種族で、数々の星を潰してきたといわれる。幾多の戦いでの犠牲及び「親殺し」という独特の古い風習や、夜兎を恐れた他種族達に故郷の星・徨安を襲撃されて滅ぼされたことにより、現在は絶滅寸前に陥っている。

外見は地球人とほぼ変わらないが、透き通るような白い肌と怪力、傷の治りの早さ、そして苦手とする日光を防ぐため常に持ち歩いてる番傘が特徴。弾丸さえも防ぎ、時にはそれ自体で相手を殴り飛ばせるほど頑丈な番傘と、たった一撃で大軍勢すら吹き飛ばし、屋根や峡谷を軽快に跳躍する超人的な身体能力を駆使して戦う。番傘には銃が仕込まれており、銃撃戦も得意とする。

高い身体能力を持つため、エネルギーの消費量も尋常ではなく、それゆえに消耗したエネルギーを補給するため一族全員が大食いである(その中でも神楽と神威は特に群を抜いている)。

また、激しい戦いが多い故に身体の欠損(手足)が生じることがざらにあるため、義手や義足などの技術が発達しているとのこと。神楽の父親である星海坊主は神威や虚と戦った際に両腕を、阿伏兎は神威と鳳仙の闘いを止める際に左手を失っており、その後は義手を着けている。

吉原炎上篇では、阿伏兎と共に神威と鳳仙の争いを止めに入った云業が心臓を貫かれ死亡。鳳仙も、万事屋百華達との吉原をかけた戦いに敗れて死亡した。将軍暗殺篇では、春雨第七師団に所属する夜兎達が、高杉率いる鬼兵隊と同盟を結ぶ形で徳川茂茂の暗殺に乗り出しているが、万事屋や真選組、伊賀忍者達の抵抗によってかなりの数の夜兎が犠牲になっている。烙陽決戦篇では、春雨に見限られた第七師団が宇宙に逃亡した後も抵抗を続けていたが、制圧した要塞「南天楼」の自爆作戦や星海坊主の参戦により、さらに多くの夜兎が犠牲になっている。春雨側も、第七師団と鬼兵隊の抵抗や、万事屋や攘夷党快援隊の参戦、後の星海坊主の離反により、それまで傘下に置いていた多くの夜兎を失うこととなった。

登場人物の中では、神楽星海坊主鳳仙神威阿伏兎云業陸奥江華がこの種族に該当する。

関連イラスト

夜兎組
カルマ


夜の兎
花の吉原 その2



関連タグ

神楽 星海坊主 陸奥
神威 鳳仙 阿伏兎 云業
江華
サイヤ人

pixivに投稿された作品 pixivで「夜兎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3977632

コメント