ピクシブ百科事典

夜刀神狗朗

やとがみくろう

アニメ『K』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:小野大輔
通称『黒狗』。18歳。178cm。誕生日:1月5日山羊座)。血液型:A型。

吠舞羅に襲われていた伊佐那社の前に突如現れた、黒い長髪後頭部でまとめた青年剣士。今は亡き先代第七王権者「無色の王」・三輪一言の遺臣であり、どの勢力にも属さずどこからも警戒されている。
「次代の『無色の王』を見極め、悪しき者なら討て」という一言の遺言に従い、「無色の王」を騙ったとして社を追って仕留めようとしていたが、その疑いが晴れるまでは社と一緒に行動することになる。社は狗朗を「クロ」と呼んでいる。
戦闘時は剣術体術だけでなく、空間操作の念動力を用いて戦う。一言から授かった愛刀「理(ことわり)」を携え、容易く戦闘には用いない。
また家事が得意で、特に料理の腕はかなりのもの。専用調理器具を持ち歩くほどに身についている。簡易型の裁縫道具も持ち歩いている(なにこの子女子力高い)。
ヘリコプターの操縦やバイクの運転もできる。三輪一言の臣下ならこれくらいできて当然とのこと。

普段は礼儀正しく、古風でやや堅物な雰囲気を持つが、社のその場しのぎの嘘に簡単に騙されてしまったり、真っ裸で登場したネコに赤面し驚いて社を見逃してしまったりと、詰めの甘いところがある。
一言には忠誠を通り越して崇拝し心酔しており、携帯端末には一言の人形ストラップを付けている。さらに、彼が格言を詠んだ川柳を録音したボイスレコーダーを持ち歩き、日常のあらゆる場面や道に迷った時などによく耳に当て聴いている。それを解説する時はいつものクールな無表情から一転、頬を赤らめ高揚しながら嬉々とした様子を見せた(その際、社に『キモッ』とドン引きされたが、本人は自重する様子を見せない)

スピンオフ

講談社月刊雑誌good!アフタヌーン』にて宮沢龍生原作とミナトサキ作画による、狗朗を主人公にした本編の前日譚に当たるスピンオフ作品、「K ストレイ・ドッグ・ストーリー」が連載されていた。コミックスは全一巻

過去

五歳までは、両親、祖父、兄、姉と家族がいたが、事故で狗朗一人生き残る結果となる。その後叔父叔母に引き取られるも一年も立たずに火事で他界。結果、疫病神と言われ、引き取り手も無かった中、遺産目当てで引き取られた先で虐待を受け、肺炎で倒れているところを三輪一言に拾われた。
妙な性格は師の影響だけでは無く、生来のものである可能性も強いと思われる。一言には「前世は武士じゃないか」と思われていた。また、所謂『天才型』であるらしく、『天才』で周りから理解されない部分のある一言の言葉を理解できる。
小学生時代は、年下の子供を可愛がるお兄ちゃん気質を見せていた。

余談

小説「K side;Black&white」にて、正式に三輪一言と養子縁組になっていたとされているため、戸籍上は、「三輪狗朗」となっていると思われる。



関連イラスト

黒狗
【ネタバレ注意】アニメK、2話のアレ



関連タグ

K(アニメ) 伊佐那社 ネコ(K) 夜刀神狗郎表記揺れ
狗社クロシロ 夜伊) 社狗シロクロ) シロクロネコ

pixivに投稿された作品 pixivで「夜刀神狗朗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2991537

コメント