ピクシブ百科事典

夜宝皇京

やほうおうみやこ

東方宝天京のEXボスキャラクター
目次[非表示]

「あんたらは神社の人間だったりするー?」
夜宝皇京とは東方宝天京に登場する人物。

概要




○エキストラボス  きらめく命の灯
  夜宝皇 京(やほうおう みやこ)
  Yahouou Miyako

  種族:神(神魂命)
  能力:命の彩度を見る程度の能力


  幻奏曲:水晶華灯怪導 ~ crystal Lantern.


  何処からともなく神社にやってきた神様。
  おにぎりが大好きでよく自分でも作っている。
  口癖は「どやぁ!」


主な外見


右手にRGBに光るランプを持ち、旅行帰りの服装をしている。
赤いリボンが纏う帽子、朱色の髪はどこか灯火の色に似ている。
中華とアラビアンな服装の融合など、一体どこの神様だろう。
眼の色は右がピンク色で左目が水色である。オッドアイ。

スペルカード


発光「行灯大爆発」
魂符「輝灯達の住処」
彩度「宝灯ヒストグラム」
香燈「穢を嫌う線香花火」
灯符「色彩調節光」
南海「色愛した者への土産」
彩色「希人の踊り」
輪廻「黄昏の行列」
幻灯「人々の中にある命の宝石」
「勇気ある誓いへの贈り物」

能力設定


命の彩度を見る程度の能力とは人妖達の心のオーラと色がはっきりと見える能力。
スピリチュアルな能力だが、攻撃にも防御にも生かせる事ができる。
彼女から見ると人妖神などの魂は宝石のように見えるので、絶望などの感情で宝石が黒くなると浄化する能力も備わっている。


背景設定的な話


  綺麗な物が大好きで、よく夜になると水上を歩いては楽しんでいた。
  彼女の歩く後には沢山の灯が列ぶので、外の世界では『不知火』と呼ばれている。
  外の世界は産業化が進み、汚い水が増えたらしく移住を余儀なくされた。

  つい立ち寄った幻想郷では、水を綺麗にできる天人がいると噂されるがまま、
  天界に行き汐に許可を貰い湖で遊んでいた。

  
  ここ最近、湖が少しずつ淀んでいる事を夕から聞き、遺跡近くに行くことにした。
  遺跡から凄まじい妖気を感じた彼女は、好奇心旺盛な人妖が遺跡に
  入れるように沢山の提灯を置いた。

  予想通りに提灯を持ち、異変を解決してくれた人妖がいたので
  彼女はお礼にお祭りを盛り上げようと、提灯の輝きを一気に上げた。

  彼女もまた、お祭りが大好きだったのだ。

  彼女は生きている人妖の命の灯の輝きと色が見える。
  命が輝くのは、生きようと頑張る時なのだ。
  だから彼女は、生きている時間こそが宝だと思っている。

  人間に伝わるかはわからない。
  けど、命の灯が消えるまで彼女は人妖の近くで見届けている。


関連タグ


東方オリジナル 東方宝天京

pixivに投稿された作品 pixivで「夜宝皇京」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1593

コメント