ピクシブ百科事典

夜明けの音、夕暮れの歌。

よあけのおとゆうぐれのうた

「夜明けの音、夕暮れの歌。」とは分類ソノタの創作ストーリーである。 ※実はまだ本編自体は投稿されてない。
目次[非表示]

分類ソノタが始めた創作作品のシリーズ。
設定の変更点が多く、現在pixivに投稿されているものとは大きく異なる。

ストーリー

ゲームセンター通いとサイクリングが趣味の高校2年生相田ツバキは、平凡で決まり切った日常に呆れつつも、日常を享受していた。
そんなある日、自転車(愛機)で下校中のツバキは、傷つき倒れた幼馴染でクラスメイトの境野珠子を見つける。
この時を境に、彼の日常は歪に変形を始める。

登場キャラクター


相田ツバキ(あいだつばき)

本作の主人公。
熱血は柄じゃなく、クールなのも柄じゃない。
少し中途半端で、意外と単純で、案外甘い。


座右の銘は「遅くなっても全然行かないよりはマシだ。」

個人的に脳内声優は宮野真守

境野珠子(きょうのたまこ)

本作のヒロイン。
心の芯が強く、諦めが悪い。ちょっとだけ熱血さん。
至極真面目にとんでもない事を偶にしでかす。自称普通の人。


座右の銘は「今日と言う日は二度と帰ってこない」

個人的に脳内声優は堀江由衣

コメント