ピクシブ百科事典

夜翅御紡錘

よはねみつむ

東方オリキャラの1人。
目次[非表示]


(初出が造翅伽の為、親記事は前者とする。)


※本項は現段階で公表されている範囲での造翅伽のネタバレ事項も含んでいます。


概要



 夜翅御紡錘(Yohane Mitsumu)
種族  :天帝
能力  :黙示録を始める程度の能力
二つ名 :Alpha and Omega、開闢にして終焉の贄
所在  :不明(元GENSOUKYOU=G9D)
職業  :天帝(元・別の幻想郷の担当者)
テーマ曲:偉大なる子羊の仰せの侭に

睨星匣にて、遺址ルート二十面(最終)ボスを担当する。

長い髪の毛から服から、その殆どが純白である。瞳の色は赤、腰には禁の帯を巻いている。また、銜える部分にテーピングが施された諸刃の小さいナイフを銜えている。

尚、上記の画像は造翅伽の服装である。睨星匣登場時には第二段階としての姿も持っており、その際には服が開けて胸部が露出する。また、後ろに浮遊する物体の角度も変わって翼の様になり、銜えている刃物が巨大化して大剣になる。

※背後のオプションは、天帝を辞めた時に無くなっている。


能力


今回、彼等が下した決断により全てが始まった事による形容詞的な意味合いの能力(といっても彼自身も世界抹消を実際に行っているのだが)。因みに、彼は黙示も可能である。

天帝を辞めた際に世界の管理に関わる権限は剥奪されたが、その後彼の能力がどうなったかは不明。(黙示は可能ではあるがこれも弱体化している。)

スペルカード


開演「黙示の喇叭」
闢星「七星小乗」
闢焉「アルファにしてオメガ」
「G9Dアポカリプス計画」


バックボーン的な何か


平行世界の幻想郷(通称:GENSOUKYOU=G9D)の管理を行っていた天帝。

今回、彼の担当していた幻想郷にて、とある人物が『ゲーム』に負けた事により、彼が自分の担当区域であるその幻想郷の『抹消』の決断を下した。今回はその抹消後の世界を、破壊者による宇宙の完全抹消までの間、管理していたところに侵入してきた少女たちと応戦する事になった。

尚、睨星匣が終わった更に後、G9Dを内包する世界が完全に消滅した際に能力が弱体化された模様。無論、天帝としての管理権限も喪失している。余談だが不死ではない。天帝を辞めた後の彼の行方については不明。


関連タグ

東方オリジナル 東方睨星匣 風炉出冥

コメント