ピクシブ百科事典

大地の騎士ガイアナイト

だいちのきしがいあないと

大地の騎士ガイアナイトは、遊戯王OCGのモンスター。
目次[非表示]

概要

遊戯王OCGに存在する地属性戦士族シンクロモンスター
シンクロ素材に縛りがなく、多くのデッキでシンクロ召喚が可能。

初登場は2008年に発売された「遊戯王ファイブディーズOCG スターターデッキ」。
シンクロモンスターが初登場したスターターデッキであり、ジャンク・ウォリアーギガンテック・ファイターと共に、初めてのシンクロモンスターとして登場した。

効果を持たない代わりに攻撃力2600とレベル6にしては高いステータスを持っており、当時のデュエリスト達を驚かせた。

しかし・・・

不遇の時代

このカードの登場から間をおかずして、あの悪名高いゴヨウ・ガーディアンが登場した。
ゴヨウ・ガーディアンとこのカードを比較してみよう。

名前属性種族レベル攻撃力守備力種別素材縛り効果
大地の騎士ガイアナイト地属性戦士族☆62600800シンクロモンスター無し無し
ゴヨウ・ガーディアン地属性戦士族☆628002000シンクロモンスター無し戦闘破壊し、墓地へ送ったモンスターを自分フィールド上に守備表示で特殊召喚できる

このように、このカードはゴヨウ・ガーディアンと奇妙なほどステータスが一致している。
しかし攻撃力・守備力ともにあちらより低く、あちらが強力な効果を持つのに対し、こちらは何の効果も持たない。
こちらがゴヨウ・ガーディアンより勝る部分は「絶対魔法禁止区域」などのサポートを受けられるぐらいしかないのである。
そのため、このカードは早くもゴヨウ・ガーディアン下位互換となってしまい、長い間不遇の時代を過ごすことになる。

おまけに同じレベル6のシンクロモンスターに氷結界の龍ブリューナクが登場。
このカード同様にシンクロ素材に縛りがなく、強力なバウンス効果(カードを手札に戻す効果)を持っており、このカードの不遇っぷりは一層際立っていく事になる。

しかし、2009年3月の制限改訂において、上記の2体がともに制限カードに指定される。
これにより空いた枠を埋めるため、このカードの投入率も次第に上がっていった。
そして2年後の2011年3月、ついにゴヨウ・ガーディアン禁止カードに指定される。
これにより、このカードはレベル6シンクロモンスターの中では最高の攻撃力を持つモンスターとなり、数多くのデッキに投入されるようになってきた他、強力な融合モンスターである地天の騎士ガイアドレイクなどの登場により、このカードもようやく輝き始めたといえよう。

しかし、彼が輝き始めたのはあまりにも遅すぎた。

KONAMIの猛プッシュもあってか、ゴヨウ・ガーディアンの禁止カード化から1年とたたないうちに、環境はエクシーズモンスターに席巻された。
かつては隆盛を極めたシンクロモンスターも、今ではラヴァルカラクリなどの極一部を除き、環境から姿を消した。
そして、それはガイアナイトも例外ではなかった。エクシーズモンスターにも対抗できる氷結界の龍ブリューナクとは違い、このカードの持ち味は攻撃力のみ。シンクロ全盛期以上に高速化したとまでいわれる現環境に、攻撃力だけのこのカードの居場所はもはや存在しなくなってしまったのである。
一応現在の環境でもシンクロを多用するデッキ(インフェルニティなど)に投入されてはいるが、ほとんどの場合さらなるシンクロ召喚への踏み台になってしまっているという悲しい状態となっている・・・。
とはいえ、あくまで環境から姿を消したというだけであり、シンクロをメインの戦術とするデッキでは未だ投入率は高い。

2012年9月の制限改訂において、氷結界の龍ブリューナクが禁止カードに指定されたため、レベル6シンクロモンスターとして再び投入率が増えるかもしれない。
もっとも、2017年にブリューナクはゴヨウとともに素材などをエラッタされたうえで復帰しているため、また減ることも考えられる。

アニメ『遊戯王5D's』にも1シーンのみだが登場した。

漫画・アニメ『遊戯王』で、闇遊戯が使用した暗黒騎士ガイアとは属性・種族が一致しており、イラストやカード名もどことなく似ている。もしかしたらリメイクとして作られたのかもしれない。

テキスト

シンクロモンスター
星6/地属性/戦士族/攻2600/守 800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

関連タグ

遊戯王OCG シンクロモンスター ゴヨウ・ガーディアン 暗黒騎士ガイア

pixivに投稿された作品 pixivで「大地の騎士ガイアナイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11453

コメント