ピクシブ百科事典

大富豪

だいふごう

大富豪とはお金持ちのことであるがここではトランプゲームの大富豪を解説する。
目次[非表示]

概要

大貧民と呼ばれる事もある。有名なトランプゲームの一つ。

カードを裏返しにプレイヤーに全て配り手持ちのカードをルールに従って場に出していき手札を無くしたプレイヤーが勝ちとなるゲーム。

一般的に3人~6人までで遊ぶゲームである。
1ゲームでの順位が次のゲームに影響するというのが特徴である。

また、ローカルルールの数が非常に多いことも特徴であり、それを網羅するのはかなり難しい。

名称は関西では大富豪と呼び、関東では大貧民と呼ぶ傾向にあるようである。

ルール

ローカルルールを除いた一般的なルールを解説する
カードはトランプ一式52枚を使うがジョーカーを加える場合もある。
カードを見えないように順番にプレイヤーに1枚ずつ配っていき全てのカードを配る。

一定の条件(後述)で決められた最初のプレイヤー(親)がまずはカードを出す。
以後プレイヤーはルールに従った上でカードを出していくことになる。

カードのランクによりカードの上下関係は決まっている。最も弱いランクが3で4,5……10,J,Q,K,A,2の順に強くなる。一般的にトランプで最もランクが高いカードはAであるが、大富豪ではジョーカーを除けば2が最も強いカードとなる点に注意したい。
但しこのランクによる上下関係は革命(後述)時には逆転する。

次のプレイヤーは前のプレイヤーより強いランクのカードを出す必要がある
例えば通常時に場に出ているカードのランクが10である場合次のプレイヤーはJ以上のランクのカードを出す必要がある。

出せるカードがなかったり出したくなかったりする場合はパスを選択出来る。
パスの回数には制限はなく、出せる状況でパスしたとしてもペナルティはない

最後にカードを出したプレイヤー以外の全員がパスしたら場のカードは流れ、その時最も高いランクのカードを出したプレイヤーが親となりカードを出す。

親となったプレイヤーは同一ランクのカードを複数枚同時に出す事が出来る。また、ルールによってはシークエンス(後述)が認められる場合もある。
この場合、次のプレイヤーも同じ枚数だけ出さなければならない。
例えば親が4のハートとクローバーを同時にだした場合次のプレイヤーはランク5より上で尚かつ2枚同じランクのカードを出す必要がある。

これを繰り返し最初に全てのカードを無くしたプレイヤーは大富豪となり、2位抜けしたプレイヤーは富豪(人数によっては平民)という具合にし、最後の一人になるまで続ける。

次のゲームからは直前のゲームの順位に応じてカードの交換がある。具体的には大貧民と大富豪同士、貧民と富豪同士がカードを交換する。この時大貧民(貧民)は自身の持っているカードの中で最もランクの高いカード(ジョーカーを含めるかはルールによる)を交換しなければならないが、大富豪(富豪)側に制約はない。

ちなみにローカルルールを全く採用しない「素」の大富豪を一度やってみるとわかるが、大抵の場合最初のゲームで勝った大富豪の一人勝ち展開になり、まるで面白くなかったりする。以降のローカルルールは「強くない」カードに特殊効果を持たせて戦況を揺さぶる効果があるものが多い。

特殊ルール

有名なルールのみを挙げる

ジョーカー

ジョーカーは常に最強のカードでありデフォルトでは2よりも強いカードとして、革命時には3よりも強いカードとして扱われる。また、ジョーカーはオールマイティに扱うことも出来、例えば7のハートとクローバーとジョーカーを一緒に出した場合、ジョーカーはランク7のカードとしてみなされる。

シークエンス

階段、と言われることもある。同じスートの連続するランクのカードを3枚以上一緒に出すことである。ジョーカーを含んでもよい。この場合に次のプレイヤーも同様に同一スートの連続するランクのカードを親が出した枚数と同じ枚数出す必要がある。
但し、この時前のプレイヤーのランクと被っても良いか否かはルールによって取り決めが違う。
例として前のプレイヤーがハートの7,8,9を出した場合、次のプレイヤーは8,9,10以上で良い(7よりも上のランク)場合と、次のプレイヤーは10,J,Q以上で無ければいけない(9よりも上のランク)場合がある。

縛り

前のプレイヤーと同じスートのカードを出した場合次のプレイヤーからは流れるまでの間同一スートでなければいけないとするルール。
例えば前のプレイヤーがハートの4を出し、自分がハートの7を出した場合に次のプレイヤーはハートの8以上のカードを出さなければならない、というものである。
またルールによっては3連続同一スートの場合のみ縛りになるケースもある。尚、縛りの時にジョーカーを使えるかどうかは取り決めによって異なる。また、ジョーカーはオールマイティに使うことは可能だが、縛りなどは一般的に発現出来ない。例としてハート、クローバーの4の2枚を出された時に、ハートの6とジョーカーを出した際には縛りは発生しない。

数字縛り

前のプレイヤーの1つ上のランクのカードを出した場合次のプレイヤーもその1つ上のランクのカードしか出せないというルール。
例えば前のプレイヤーがハートの4を出し、自分がクローバーの5を出した場合、次のプレイヤーは6(スートは自由)しか出せないというもの。
こちらも縛り同様に流れるまで有効となるケースが多い。

激縛り

縛りと数字縛りを混ぜ合わせたルールであり前のプレイヤーの1つ上のランクかつ同一スートのカードを出した場合次のプレイヤーは同一スートの1ランク上のカードしか出せないという物である。

革命

ローカルルールではあるが最も有名と言ってもいいルールである。同一ランクのカードを4枚以上同時に出すことによって発生。ジョーカーを除く全てのランクが逆転する。
その勝負の間はずっと有効であり順位が大きく変異する事が多い。革命中に再び革命が起きた場合は元に戻る(革命返しと呼ばれる)。
またシークエンスが採用されている場合はシークエンスでも4枚(5枚)以上で革命成立とするケースもある。
革命が成立するタイミングの解釈についても様々であり、例えば7を4枚出したプレイヤーがいたとしてその時点で革命が成立しているとみなし6の4枚で革命返しを行えるのか、それともまだ革命成立とみなさないから6の4枚では返せないのか、という部分は解釈が分かれる。

8切り

出している札に8が含まれる場合問答無用で場を流すことが出来る、というもの。シークエンスでも可か不可かはルールによって異なる。

スペ3返し

ジョーカー1枚を出したプレイヤーが居る時スペードの3を出すとそれに勝てる、というもの。革命中の場合でもスペード3なのか革命中はスペードの2になるのかはルールによる。
成立した場合はその時点で場が流れ、スペード3を出した者が親となる。
またスペ3以外に3を3枚というルールもある。

イレブンバック

出している札にJが含まれる場合流れるまでの間のみ革命と同じ状況になるというもの。
革命時は一時的に通常時に戻る。

都落ち

大富豪のプレイヤーが大富豪(1位)を維持できなかった場合即座に大貧民となるルール。緊張感が高まる為採用ケースが多い。

2あがり、8あがり、ジョーカーあがり禁止

2や8、ジョーカーを最後に残してあがると反則負けとなるルール。
この場合、成立した時点で大貧民となる(但し都落ちが発生していた場合は貧民や平民)。

その他

スタート時の親の決め方

大貧民が親となるルールやダイヤの3を持ってるプレイヤーが親というルールがある。

階級

一般に大富豪>富豪>平民>貧民>大貧民の順になる。
平民は採用されないこともあるし、富豪、貧民が採用されないこともある。

しつこいようだが……

大富豪はローカルルールが非常に多いため、ここに挙げられたものが全てではない。必ずプレイ前にはルールを確認することが望ましい。
その為、『こち亀』で大富豪を扱った回の後、秋本治の元に全国からローカルルールの事に関する便りがごった返しになり大変な事になったらしい(まぁこの回で行われていたのが「最も有名なローカルルールだろう革命すら採用していない」というかなり違和感のある大富豪だったのも要因だが)。

外部リンク

アークシステムワークス製作の『おきらく大富豪』の公式サイト
Wii版⇒こちら
3DS版⇒こちら
ニンテンドーeショップでの3DS版紹介

関連タグ

トランプ 大貧民

pixivに投稿された作品 pixivで「大富豪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94813

コメント