ピクシブ百科事典

天使の詩

てんしのうた

今は無き、日本テレネットが制作したRPGシリーズ作品。
目次[非表示]

曖昧回避

同字のFate/GrandOrder概念礼装については天使の詩(FGO)の記事

概要

」と「Ⅱ 堕天使の選択」は、PCエンジンSUPER CD-ROM2用ソフトとして、3作目の「白き翼の祈り」はスーパーファミコン用ソフトとして発売された。
全作品を通じてレベルが上がりやすく、さほどストレス無くゲームを進められる。同時代のRPGとシステム面での差異はほとんど無い(むしろ平凡である)が、特筆すべきは恋愛や友情を絡めたシナリオとイベントの演出、そしてBGMのクオリティの高さ。

Ⅰのキャラクターデザインは、旧ナムコワルキューレシリーズを手がけた富士宏。Ⅱのキャラデザは、聖剣伝説3クロノクロスを手がけた結城信輝
BGMは、ⅠとⅡは、ワイルドアームズシリーズに多くの楽曲を提供したなるけみちこ。白き翼の祈りは、テイルズオブシリーズに参加した桜庭統田村信二が担当した。

ⅠとⅡのメインスタッフは、後にワイルドアームズシリーズを手がけている。本作(特にⅡ)は後年、彼らが評価を得る理由を察することの出来る、なかなかクセのある内容である。何分古い作品なので、時間とお金に余裕がある方にだけお勧めしたい。

天使の詩
天使の詩
天使の詩~白き翼の祈り~ラストパーティー




こぼれ話(一部誇張あり)

1作目のタイトルを決める際の会議で、当時企画補佐(2でディレクターに昇格)だった金子彰史がスタッフらに「天使の詩でどう?」と提案したところ、「少女マンガのタイトルですか?」「電波っぽくない?」「つか、詩(うた)ってwww」と、芳しくない反応が返ってきたが、リリカルRPGという少女マンガ的要素の入った新機軸のシナリオにこだわった金子氏は、あえて自身の提案を押し通した―――という逸話があったとかなかったとか。
【出典:廃刊となったPCエンジン情報誌の付属小冊子に記されたインタビュー記事より】

Ⅰの主人公の名前がケアル(某回復魔法と同名)であることは一部で知られている。
Ⅱでは、後に別作品にて名を知られることとなるカ・ディンギル(封獄の塔)が登場する。

関連動画

OP
一作目


二作目


外部リンク

wikipedia

関連タグ

レトロゲーム PCエンジン スーパーファミコン 日本テレネット

pixivに投稿された作品 pixivで「天使の詩」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13833

コメント