ピクシブ百科事典

太照天夕子

たいしょうてんゆうこ

『俺の屍を越えてゆけ』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

お相手いたしましょう

俺の屍を越えてゆけ

太照天昼子が昇仙するまで、天界第二位だった火属性の女神。
天界での昼子の後見人であり、彼女が台頭するまで天界の実権を握っていた神様。

革新派の目論見が大失敗に終わった際、神以上の力を持つ子供のうち、死んでしまったイツ花太照天昼子として天界へ引き上げた。
結果、昼子は全てを知り天界の浄化に乗り出す。

しかしもう一人の子供黄川人は心に深い傷を残したままだった。
複数の後見人が現れるも全く実らず、さらに憎悪を蓄積し現世に災厄をもたらすに至る。

俺の屍を越えてゆけ2

CV:伊藤静
夜鳥子の為に三界を統べようとした当時の最高神・■■■■■の企みを見抜き、祭具を奪って気の循環を天界で一人占めにする。
さらに、夜鳥子を禁術を使った咎で封印した。
また、俺屍2ではゲーム開始時に鬼に封じられている。鬼神の台詞から夜鳥子の処遇を巡り昼子と対立し鬼に封じられたらしいことがわかる。

関連タグ

俺の屍を越えてゆけ 俺屍 和風 俺の屍を越えてゆけ2

pixivに投稿された作品 pixivで「太照天夕子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4880

コメント