ピクシブ百科事典

学園革命伝ミツルギ

がくえんかくめいでんみつるぎ

『月刊コミックラッシュ』(ジャイブ)2005年3月号より2010年6月号まで連載されていた漫画。当初は短期集中連載(全6話)の予定であったが、読者アンケートで好評だったため正式連載に昇格した。後に『ヤングガンガン』への移籍が決定された。 少女漫画系統の作画と不条理系ギャグのミスマッチが特徴。
目次[非表示]

「僕たちは あの真っ赤な夕陽が大好きだ! 
体育の時やグループわけの時の微妙な疎外感が大好きだ!!
話し相手もいなくてもてあます休み時間が大好きだ!!!
そんな自分が大好きだ!!!
8月3日5日はハミ子の日!」

あらすじ

少子化に伴い高校の統廃合が進む中、私立波亜怒雲(パードゥン)高校、通称「パー高」の生徒会長に就任した美剣散々は校長よりパー高を魅力有る学園にすべく「革命」を断行するよう要請される。その日以来、美剣率いる生徒会は「革命」を旗印に大胆なリストラクチャリングの断行に着手するのであった。

登場人物

美剣散々(みつるぎちるちる)

声:緒方恵美
3年1組・生徒会長。校長の命により「革命」を推し進めるが、就任後は推薦枠すらスカスカという有様で事態はむしろ悪化している。しかも生徒会が一般の部費を大幅に削減し予算を独占していることもあり、一般の生徒からは気まぐれな独裁者にしか見られていない。第19回で一旦、卒業するがいわゆる「サザエさん方式」により第20回では再び3年生に(他の生徒も同様であり、落第で留年した訳ではない)。
自身の美貌と才能に絶対の自信を持っているが、学問・運動共に不得手。類稀なる容貌もそれを上回る奇妙奇天烈な言動には及ばず人望も皆無。なお、そんな彼が生徒会長の任にあるのは、波怒雲高校の生徒会役員人事は少なくとも現在は選挙によらないためである。
髪型はポニーテール。銀髪は地毛とのこと。制服は和洋両テイストを取り入れた特注品。中性的な顔立ちや華奢な体型、和装が女性用の着物などであることから女性と思われがちであるが、男性用衣服を着用している場面も多く(スカート等女性向けの衣服を纏う際は、必ずアンダーにスラックスを着用している)、また本編中でも海では一人だけ水着姿にはならず、温泉では生徒会メンツが妻先父と話している間に一人きりで真っ先に入るなど(小コマ故に男女の判別が不可能)、性別を断定する描写はされていない。
フルーツの香りの練り消しが好物(?)で幼少の頃につい食べ過ぎてしまい入院した経験や、ツチノコを踏んで捻挫したことが二度ほどある。華美な衣服を常に着用しているが、ラーメンが好きだったり庶民的な発案をすることも多い。なお、極めて(自称・血の繋がっていない)母親似。基本的にボケ担当だが、中二階堂の下ネタ(性関連)に対しては常に冷静なツッコミを加えている。

中二階堂三一(なかにかいどうさぶいち)

声:杉田智和
3年2組・生徒会副会長。相当な巨乳好き。出臍に指輪をはめ込んで抜けなくなったため空港の金属探知機に必ず引っかかったり、身体検査の日に間違えて妹のパンツを穿いていたなど様々な伝説を打ち立てている。また、日頃のセクハラ的な言動や行為から、女生徒からは「キモイ」と敬遠されており生徒会が設置している目安箱への投書も中二階堂を誹謗する内容がほとんどを占める。変態としか言いようの無い人物であるが、数少ない友人である姫宮や妻先姉妹には奇行に及んでいない。また、虚勢を張る事が多いが実際にはかなり打たれ弱いタイプである。妹が1人いることが判明しているが、本編には未登場である。尚、美剣・姫宮とは小学校頃からの古い付き合いである。
小学生の頃はリトルリーグで正捕手をしており、度を超したささやき戦術が得意だったことから「八王子の天かける毒の虹」と呼ばれていた。また、当時ブームであった三二(さんにー)四駆のカスタマイズでジャパンカップアイデア賞を受賞している。

姫宮京(ひめみやみやこ)

声:ゆかな
2年・書記。旧家の出身で非常にマイペースな性格。美剣に絶対の忠誠を誓っている。自家用ジェットを所有するなど財力は生徒会メンバーでは断突だが重度の浪費家でもあり、バレンタインデーには美剣にチョコレートでなく現金をプレゼントしている。
口さえ開かなければ外見だけは理想的な美少女な上に物腰も非常に優雅であるため、パー高の生徒以外には非常に人気があり追っかけが多数付いている。反面、その奇行故に美剣同様人望はゼロ。ピアノを弾けると主張するが、譜面どおりに鍵盤を押せるというだけでその演奏は聴衆に悪寒を引き起こす。美剣・中二階堂と違って主体性がなく、意図的にふざける事はあまりないが、かえって天然で両者以上の脱線をもたらすことも少なくない。なお、女子テニ主将菊地が「よく今まで生きてこれたわね」と呆れるほどに一般教養に欠けており、その点では美剣・中二階堂にも優る。

緑川青羽(みどりかわあおば)

声:福山潤
1年・会計。生徒会の中で唯一の常識人かつツッコミ役だが他のメンバーと同類視されることも多く、気苦労が絶えない。日々メンバーに振り回されているが、キレると意外と暴力的につっこむことも。姫宮曰く、可愛いという理由で先輩には意外とモテるらしい。年頃の少年らしく、中二階堂の下ネタ(性関連)に思わず反応することも少なくない。生徒会役員に選ばれた理由については「予言にあった者だから」という以外何もわかっていない。
愛犬・ペロをとても可愛がっていたが、校内でのペット同伴解禁を議論した際に姫宮のペットであるライオンに噛み殺されてしまった。ペロはその後も心霊写真などで何回か登場している。

妻先ドリル(つまさきドリル)

声:斎藤千和
1年・会計監査。生徒会の「校内変な人アンケート」で栄えある1位(2〜5位は美剣・中二階堂・姫宮・校長)に輝き、中途で生徒会に加入した。緑川による第一印象の通り、外見は美少女だが奇行が目立つ。普段は全く発言せず、言語化できない意味不明の独り言をつぶやいているが、ごく稀にプラカードで意思を表明する。タコやイカなどの軟体類が好物のようで、タコ焼きやスルメのみならず生ダコをかじる場面も見られる。
壁面のシミと会話が可能であったり、リコーダーを吹くだけで超音波を発生させて窓ガラスを割ったりと様々な超常現象を引き起こす。
緑川が見た「バカな人物だけが被害を蒙るバイオハザードの夢」の中で、実は生徒会で唯一目立った変化が見られなかった人物。
両親と双子の妹・ステルスの4人家族。家業は当初、神社であったが後に温泉旅館、さらにレストランと生徒会一同が訪れるたびに業種替えをしている。

関連動画



外部サイト

公式
まさかの美剣twitter

関連タグ

銀魂

pixivに投稿された作品 pixivで「学園革命伝ミツルギ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72882

コメント