ピクシブ百科事典

孫権

そんけん

孫権とは三国志の英雄であり、後の呉の皇帝となった人物である。
目次[非表示]

三国志に登場する英雄 。字は仲謀。

概要

孫堅の息子で、孫策の弟、孫尚香の兄。
脚が素晴らしく短く、椅子に座っているときと立った時の身長がほとんど変わらなかったらしい。

孫策の最期の時に「武力に関しては俺ほどではないが、国を治める能力に優れている」と評され、後事を託された。
この事から個人的武勇がさほどではないと誤解されがちであるが、
合肥の戦いでは張遼から「騎射がうまく、背の高い碧眼の将」と評されており、父や兄に比べても著しく武勇が劣っていたわけではないようである。
ただ軍を動かす事が得意でなかったのは確かなようではあり、前述の合肥の戦いをはじめ魏の領土を脅かそうとするも結局大幅な領土の獲得はならなかった(ただし、彼の名誉のためにいえば孫呉が魏蜀以上に豪族連合の性格が強い国家であった事も一つの原因ではある)。

孫策の遺言どおりに国内の豪族のまとめ役、調整役として高い能力を見せる一方で、魏蜀の間でうまく立ち回りキャスティングボードを握り続けて三国間に一定の均衡を作り上げた、三国鼎立の陰の立役者ともいえる人物。
だが、晩年には、歴史上数多の英雄がそうであったように、かつての英姿を失い老耄。
最後は後継者問題をこじらせてしまい、孫呉の力を大きく削ぐ一因となってしまった。
彼の老耄の被害者の代表格は陸遜であろう。

登場作品における孫権

真・三國無双』シリーズ

声優:菅沼久義
武器:積刃剣 刀(6~7猛将伝まで) 焔刃剣(7エンパイアーズから)
身長:178cm
一人称:私
呼び方:あなた(目上)、お前(目下、敵)、貴様(敵)、皆(複数人)、〇〇殿(目上)、〇〇(目下、敵)、孫堅→父上、孫策→兄上、孫尚香→尚香、大喬→義姉上

孫策が早世したため若くして呉の君主と立ち、のちに呉の初代皇帝となる。
当初は兄よりも老け顔だったが、シリーズが進むにつれて若くなり、成長の姿も描かれるようになっていく。
何気に全武将1といっていいほどコンパチが酷い。1〜4までは孫堅と似たり寄ったりのモーション、5では袁紹とのコンパチ、6で夏侯惇(猛将伝では朴刀に)、曹操、孫堅、司馬昭と計5人の凄まじいコンパチ争いに巻き込まれ、7では無双武将との被りはやっとなくなったが一般武将とは相変わらず被る、といった感じである。が、7Empiresで遂に固有武器を与えられた。が、モーションがいささか彼にしては激しすぎて合わないという意見も。

各シリーズの外見・動向

1」初登場。服装は呉の皇帝らしい服装。呉の君主ではあるがそこまで出番はない。

2」服装は1とさほど変わらない。出番については1よりは増えている。

3」服装は色合いが少し暗くなったが、前作の雰囲気を受け継いでいる。本作では孫堅孫策が生きているため、君主としての出番はかなり少ない。が護衛の周泰が新たに参戦したため新しい関係は増えている。

4」服装は引き続き君主を意識したものだが、羽織っているものの関係でバスローブと呼ばれることに。個人列伝になったため再び君主としての姿をみせるようになった。

5」服装が君主然としたものから軽装になり、髭もなくなるなど若さを強調したものになっている。呉の皇帝のはずだが扱い的に呉の君主は孫堅となっており、ストーリーモードがなく相変わらずコンパチと不遇。だが、陸遜伝では全勢力が手を取り合うような平和なENDが用意されている。

6」前作同様の髪型で若さを意識しているのは変わっていないが、服装は4以前の君主然としたものに戻されている。ストーリーモードも前作とは打って変わって一気に主役級になり、このシリーズから悩みながらも皆に支えられながら、立派に成長していく孫権の姿がみられるように。また、後の妻となる練師が登場。今まであまり見られなかった孫権の甘い姿が描写されるようになった。

7」髪型は前作より全体的に長くなり、より君主としての威厳が強くなった。呉伝は前作が孫家三代に重きを置いていたのに対し、今回はより孫権視点のストーリーになっている。また、6のおどおどさが少しなくなりより君主らしくなった。IFでは5の陸遜伝と同様三勢力が手を取り合う道を進んだ。そのためかIFにおいての敵の死者が1番少ない(というか三勢力で死亡したのが曹操のみ)。ある意味劉備より仁の世と言うべき平和エンドである。
7Empiresではついに長かったコンパチ人生が終わった。

そんけんさま
無双3衣装・孫権



蒼天航路

仲謀【蒼天】



鋼鉄三国志

孫権-仲謀-



恋姫†無双シリーズ

紅月の孫権


真名は蓮華。リンク先参照。

妖怪三国志

もんげ~


コマじろうが担当。コマ兄弟コマさんが担当している。

余談

以上、真面目な概要である。こう書くと年を取ってからボケただけで地味に見える。
三国志演義においては呉の出番が少ないおかげで二宮の変などの負の面も描かれず、なおさら地味な名君に思えるが、しかし……実際の孫権はかなりはっちゃけた性格で有名だったりする。

まず、彼は酒乱である。それも演義張飛の比ではないくらいに。「自分が酒を飲んでから出した命令は無効」と自分で言うくらいに。

以下、最大の被害者かつストッパーである張昭さんとのエピソードを列挙する。

はっちゃけろ!孫仲謀さん伝説

  • 虎狩り中に危うく虎に襲われそうになった孫権さん。長老の張昭さんに「君主が野原を駆けて虎を狩るな!」と叱られたので、以後は装甲を張った馬車から矢を射掛けるようにするようになったそうである。でも、張昭さんが言いたかったのはそういう事じゃないと思うんだな


  • 宴会中、酔いつぶれた部下に無理やり酒を飲ませようとし続ける孫権さんを見て、気分を害し帰ろうとする張昭さん。それを呼び止め「皆で楽しもうとしてるだけなのになぜ怒るんだ」と言うと、張昭さんに「殷の紂王もそうでしたな」と皮肉を返され、結局宴会はお開きとなった。

  • 公孫淵が乱を起こした時の事。度々諫言し、彼を相手にしないよう進言していた張昭さん。キレた孫権さんは刀に手をかけたがそれでも張昭は諦めない。結局孫権さんは反省したように泣いてとりやめた、とおもいきや普通に使者を送ったので今度は張昭さんがキレる。病と称して家に引きこもる張昭さんの屋敷の門を孫権さんが土で塞いだが、張昭さんも内側から土で塞ぐ。
  • 案の定張昭さんの進言どおり乱が鎮圧されると、孫権さんは張昭さんのもとに何度も詫びを入れに行くのだがことごとくスルーされる。逆ギレした孫仲謀さん、そこで彼の家に火計を仕掛けた、が、張昭さんも驚くどころか対抗して家の戸や窓に目張りまではじめる始末。さすがにこれはやべぇと思った孫権さんは自分で自分の放った火を消し、最終的には張昭さんの息子さんたちが間を取り持って解決したそうな。
    • ……孫権だけじゃなくて張昭もやりすぎだろと言われればそうでもある。なおこの時孫権51歳、張昭77歳である。いい年して何やってんだか。

一番被害を担当した張昭関連の話のみ列挙したが、あくまでこれは氷山の一角である。皆はお年寄りには優しくしようね。
彼のはっちゃけエピソードは張昭相手以外にも色々あるので、調べてみると楽しいかもしれない。

関連タグ

三国志  皇帝 二宮の変
孫堅 孫策 孫尚香

pixivに投稿された作品 pixivで「孫権」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3501308

コメント