ピクシブ百科事典

宇宙戦士バルディオス

うちゅうせんしばるでぃおす

宇宙戦士バルディオスとは、1980年放映のSFロボットアニメである。
目次[非表示]

知る人ぞ知る鬱エンドで有名な作品である。
スーパーロボット大戦にも参戦しているので、知っている人も多いだろう。
製作は国際映画社葦プロダクション(現:プロダクションリード)。国際映画社のロボットアニメ作品はこれが最初となった。

登場人物

()は、担当声優。原は原作、スはスパロボ
原作内で二人表示の場合はTV版・劇場版の意

マリン・レイガン(原、塩沢兼人:ス、山崎たくみ
S-1星人。奸計によって父を殺されたためガットラーを憎んでおり、改造されたパルサバーンのパイロットなってアルデバロンと戦う。出自ゆえに敵からは『裏切り者』と言われ、味方からは『スパイではないか』と疑われる。

ジャック・オリバー(原、鈴木清信田中秀幸:ス、田中秀幸)
バルディ・プライズのパイロット。マリンにスパイ疑惑を向けていたが雷太ともども信頼するチームとなる。

北斗雷太(原、ス共に玄田哲章
キャタレンジャーのパイロット。豪放磊落。気は優しくて力持ち。

月影剛士(原、石森達幸堀勝之祐:ス・ボイス無し)
ブルーフィクサーの司令長官。沈着冷静だが温厚であまり軍人くさくなく、その対応を上層部から「甘い」と言われることも。

エラ・クィンシュタイン(原、加川三起・現:鳳芳野此島愛子:ス・ボイス無し)
女性科学者。落ちついた物腰だが、(良くも悪くも)感情よりも理論を優先する冷酷なまでのリアリスト。
科学者としては非常に優秀である。なにしろ異星の高度なテクノロジーで作られたパルサバーンを分析した上、地球製メカ2台と合体させて亜空間突入能力を持つバルディオスを作ってしまうのだから。とんでもない魔改造である。
ある意味、宇宙戦艦ヤマト真田志郎技師長なみと言えよう。

ゼオ・ガットラー(原、青野武柴田秀勝:ス、柴田秀勝)
S-1星の軍人。クーデターを起こしてS-1星の権力を掌握、移民の為の地球侵略作戦を指揮する。

ローザ・アフロディア(原、神保なおみ戸田恵子:ス、永田亮子
ガットラーの部下。マリンとはお互いに仇同士となる。

皇帝トリノミアス3世(原、大久保正信中村武巳:ス・ボイス無し)
S-1星皇帝。ふたばちゃんねる二次裏板で「お前達、もう寝なさい」の台詞と共にカルト的な人気を集める。

メカニック

バルディオス

ストーリー

S-1星はいつの頃からか放射能に汚染され、S-1星人は絶滅の危機に瀕していた。しかし、今後の方針をめぐって軍と科学者グループの意見が対立。軍は住民全員を巨大宇宙船(亜空間要塞)に乗せての新天地への移民(侵略)を主張(ただしあてはない)したが、レイガン博士たち科学者は放射能浄化装置の開発を第一に考えていた。
軍の指導者ガットラーは腹心の部下アフロディアに命じて皇帝陛下を暗殺し、その罪をレイガン博士の息子マリンに着せ、自分が指導者となって移民準備を始める。
この際、レイガン博士はアフロディアの弟ミランに殺されたが、ミランも駆けつけたマリンの苦し紛れの行動で死亡。これにより、マリンとアフロディアはお互いに仇同士となってしまう。
ガットラーは巨大宇宙船で旅立ち、マリンは父の残した宇宙艇(亜空間戦闘機)パルサバーンで脱走するとガットラー達に攻撃を仕掛ける。しかし、両者は亜空間突入に巻き込まれてしまう。

予想外の亜空間突入で両者がたどり着いたのは西暦2100年の地球だった。
ガットラーは地球が居住可能な惑星と知ると、地球侵略軍アルデバロンを結成して地球侵略を開始。一方のマリンは敵側の人間という事で地球側に囚われの身になるが、S-1星では見られなくなった青い海に感動する。

アルデバロンの戦闘メカは亜空間に自由に出入りできるため、地球側の兵器では太刀打ちできない。
だがクィンシュタイン博士はパルサバーンを分析し、地球製メカのバルディ・プライズ、キャタレンジャーと合体して亜空間への突入が可能な巨大ロボ『バルディオス』へと魔改造する。さらに、マリンの素質を見抜いた上で「憎しみは愛より強い」とパルサバーンの専属パイロットに指名した。

pixivに投稿された作品 pixivで「宇宙戦士バルディオス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 103487

コメント