ピクシブ百科事典

宇都宮広綱

うつのみやひろつな

『宇都宮広綱』とは戦国大名の一人、及びその人物を元にしたキャラクターである。
目次[非表示]

宇都宮広綱(史実)

宇都宮広綱(1545年 - 1576年8月30日)は下野の戦国大名で、宇都宮氏二十一代当主。
父尚綱が那須氏との戦いで戦死した時まだ5歳であったため、居城である宇都宮城を家臣に奪われ、重臣の芳賀高定と共に落ち延びる。
その後は高定の補佐を受けて父の仇である那須高資を殺害し、さらに宇都宮氏に反抗的だった家臣を排する。
その後高定の尽力により常陸の佐竹義昭の次女を妻に迎え、婚姻同盟を成立させる。佐竹氏の助成を得て宇都宮城を占拠していた壬生綱雄ら家臣を追い出し宇都宮城への帰還に成功する。父の死より8年経った後であった。
以後は北関東に圧迫を強めてきた北条氏と対立。上杉謙信が関東に進出してきた時はこれと結び、謙信に背いた佐野昌綱の説得と助命嘆願を義昭と共に行っている。
謙信が北条氏と和した後は手を切り、佐竹氏と連携しながら一時北条氏の傘下に入りながらも独立を維持した。
その治世は比較的安定していたという。

1576年8月7日、病のために32歳で死去。
晩年はずっと病床に伏していたとされ、その死が秘匿されていたという説もあり実際の死亡年は前後する可能性がある。

関連タグ(史実)

戦国大名 芳賀高定 宇都宮国綱


宇都宮広綱(戦国BASARA3

寒がりのひと


属性
武器
肩書雲水霧動(うんすいむどう)
登場時の書き文字登場
一人称
声優吉田孝

概要

霧に包まれた神流川の武将。
霧や虎を使い、孫子の「戦わずして勝つ」方法を編み出したが、しばしば自軍を不利にしてしまっている。
物覚えが悪く、迷うとすぐに考え込んでしまう。よく「考える」という言葉を使うが、考えるのは苦手。
霧を出すと自分も前が見えない。氷属性だが実は寒がり。
モーションは槍兵のものを流用している。
「あたたたたたたたた!」や「ほあたぁッ!」などといった北斗の拳のようなセリフも特徴のひとつ。

ぶっちゃけ虎の方が目立ってる気がしなくもない。

関連イラスト

手懐ける
近すぎちゃってどぅーしよう


関連タグ

戦国BASARAシリーズ 戦国BASARA3 地方領主 戦国BASARA登場キャラクター一覧
愛すべき馬鹿 ICEべき馬鹿

宇都宮広綱(戦国無双)

武器:2では薙刀 3では槍 声:山田真一(2) 草尾毅(特殊セリフ時は宮坂俊蔵)(3)

命尽きるまで・・・戦い抜いて、みせる!」(3Empの特殊対峙セリフ)

一般武将として2empiresで初登場し地方統一シナリオでは関東の下野の領主として登場し、血縁武将で息子の国綱が登場した。

信長の野望

何故か生年が2年早い1543年で、死去年が1580年に変更されている。ちなみに初登場から創造PKまで生没年の誤りは修正無しである。

pixivに投稿された作品 pixivで「宇都宮広綱」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 919285

コメント