ピクシブ百科事典

室伏広治

むろふしこうじ

日本の陸上競技「男子ハンマー投げ」における完璧超人である。
目次[非表示]

概要

1974年(昭和49年)10月8日生まれ。「2004年アテネオリンピック」の男子ハンマー投げ金メダリスト
日本人とルーマニア人のハーフであるためミドルネームを持ち、フルネームは室伏・アレクサンダー・広治

父は同じく男子ハンマー投の前日本記録保持者の室伏重信、母はかつて女子やり投のオリンピックルーマニア代表だったセルフィナ・モリッツ(現在は離婚しているため、姓が異なる)というスポーツ界のサラブレッド。また、妹は同じくアテネオリンピックにて女子ハンマー投の日本代表として出場し、円盤投日本記録保持者でもある室伏由佳。

陸上投擲競技で世界のトップ選手と互角に戦う日本の誇る鉄人
両親から受け継いだ才能に加え自らも強い向上心と探求心を持ついわゆる「努力する天才」。

2016年の陸上日本選手権をもって現役引退することを発表している。
現在は日本オリンピック委員会や日本陸連の理事としても活躍。東京医科歯科大学の教授も務める。

驚異の身体能力

ハンマー投という競技の選手故、そのパワーと瞬発力が注目されがちだがそれ以外の項目も非常に優れている。(持久走は苦手)
立ち幅跳びで360cmを飛び越え100kg計測の握力計を一瞬で振り切る握力(日本陸上連盟のチェックの際には120kgを記録しているが、それ以上の可能性もある)
スピードもかなり早く100mを10秒台で走りぬけることができる。

2002年のプロスポーツマンNO.1選手権に出場、パワー系種目で圧倒的の強さを発揮しただけでなくビーチフラッグスメジャーリーガーラグビーの選手に競り勝ち優勝)やショットガンタッチ(12m90cm成功)といったスピード系種目でも驚異の活躍を見せ、モンスターボックスにおいても踏切の感覚をつかめていないにもかかわらず18段の記録を持つ。
その結果ケイン・コスギ池谷直樹といったトップ戦線を抑え込み総合優勝を果たすが、以後ディフェンディングチャンピオンとしての参戦はなく投擲種目でのみ参戦した。
番組関係者曰く『あれ以降は実質NO.2選手権、NO.1は室伏で決まっているんです。』と室伏の存在があの番組においてのバランスブレイカーになっていたらしい。

かつて「やり投げ」に出場した際ほとんど経験がないにもかかわらず2位に入賞している。
ちなみにモデル俳優照英とは高校のころからの旧知の仲であり、照英はこのことに起因してやり投げをやめたという。

プロ野球等で始球式に登場した際にめちゃくちゃなフォームであるにもかかわらず120〜130km/hのボールをストライクゾーンにたたきこんでいる。

ネタ

上記の日本人はおろか人間としても規格外な身体能力からネット(主にニコニコ動画など)ではしばしばネタになっており、2009年北朝鮮が実施した弾道ミサイル発射実験の際には『室伏が北島の背に乗って日本海に待機しているらしい』というネタまで登場した。

関連タグ

スポーツ オリンピック
陸上 陸上競技 世界陸上 ハンマー投げ
アスリート リアルチート ディーン元気
東京医科歯科大学 日本陸連 JOC

pixivに投稿された作品 pixivで「室伏広治」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 136841

コメント