ピクシブ百科事典

富山ライトレール

とやまらいとれーる

富山ライトレールは、富山県富山市に路線を有する第三セクター会社およびその会社が運営するLRT路線の愛称。
目次[非表示]

この会社は富山県富山市に存在する第三セクターであり、富山港線を管理運営する会社である。またバス事業も運営している。
 平成18年開業のこの会社は日本初の本格的LRTを運行したことで知られる。

路線等

  • 富山港線(富山ライトレール線) 富山駅北停留場-奥田中学校前間-岩瀬浜駅 軌道鉄道路線、単線、直流電化(600V)

ほかに富山市が試験的に運行を開始したものを引き継いだ路線バスを運営(ただし運行自体は地鉄に丸投げ)。

歴史

 この会社の運営する路線、富山ライトレール線は元はといえば(国鉄→)JR西日本富山港線であり、北陸新幹線開通に伴う富山駅高架化の影響で廃止される可能性のあった路線である。さらに言えば、路線そのものは大正13年に私鉄の富岩鉄道として開業している。

路線の年表

大正13年 富岩鉄道により富山口駅-岩瀬港駅間旅客運営開始、直流600v電化路線
昭和 2年 貨物支線、富山駅-富山口駅開通により貨物取り扱い開始
昭和11年 貨物支線、西ノ宮信号所(現在の大広田駅) - 岩瀬埠頭駅(後の富山港駅)間開業
昭和13年 富山市営鉄道運河線、富山駅-日曹工場前駅(後の奥田駅)間開通、富岩鉄道に貸与。
昭和16年 富岩鉄道は富山電気鉄道に鉄道路線を譲渡し解散、富岩線となる
昭和18年 富山電気鉄道は戦時合併により富山地方鉄道に名称変更
同年   富岩線は戦時買収により国有化され、国鉄富山港線となる
昭和19年 貨物支線大広田駅-富山港駅間の電気運転取りやめ(おそらく北陸本線と直接連絡させるため不要となった)
昭和35年 貨物支線富山駅-奥田駅間の電気運転取りやめ
昭和42年 電圧を直流1500Vに変更
昭和59年 大広田駅-岩瀬浜駅間の貨物営業廃止、貨物支線富山駅 - 奥田駅間廃線
昭和60年 今まで使用していた旧式電車を北陸本線の車両と置き換え。
昭和61年 富山駅-大広田駅間の貨物営業および貨物支線大広田駅-富山港駅間を廃止
昭和62年 国鉄分割によりこの路線は西日本旅客鉄道へ移管される
平成13年 気動車投入。
平成15年 JR西日本、当路線(および岡山吉備線)の路面電車(LRT)化を検討
平成16年 富山ライトレール株式会社設立
平成18年 JR西日本、路線を廃止し富山県に譲渡。
同年   電圧を600Vに変更、富山駅-下奥井駅間廃止、軌道区間富山駅北停留場-奥田中学校前駅開業、駅の改装(これはLRT化のため今までのホームが利用不能となったことによる)

使用車両

 現在の路線において車両は平成18年の開業よりTLR0600形7編成を使用している。
 国鉄からJR西日本時代においては戦時買収した他の路線から流用した車両、昇圧後は30系72系などの旧型国電、車両統一後は457系475系、末期にはレールバス気動車キハ120形などを用いている。
 富岩鉄道時代においては電車および客車(付随車、電車等に連結する動力を持たない車両として利用)および貨物用の電気機関車が使用されている(wikipediaの関連項目)。

運営

 この路線の移管後、駅の増設や電車の増発が行われ、利用者自体は増えた。しかし赤字ではあるが補助により何とかやっていける程度になっている。
 なお富山駅の高架工事完成後、予定では平成30年ごろ富山地方鉄道富山駅停留場に乗り入れて相互直通運転を予定している。

関連タグ

ポートラム 岩瀬ゆうこ
LRTLRV 路面電車
富山地方鉄道9000形:TLR0600形と共通設計。

外部リンク

公式サイト
wikipedia同項目および富山ライトレール富山港線

pixivに投稿された作品 pixivで「富山ライトレール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25574

コメント