ピクシブ百科事典

小夜ちゃん

さよちゃん

タイトーの縦スクロールシューティングゲーム『奇々怪界』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

曖昧さ回避

それが声優!』のキャラクター⇒サヨちゃん

概要

 1986年の初代アーケード版『奇々怪界』から、一貫して主役を務めている巫女さん。
各作品の小夜ちゃんは、開発会社・開発チームがそれぞれ異なるため、「名前は同じだが人格の違う別人」とされて(※)おり、性格も外見もそれぞれ微妙に違うが、「紅白の巫女服」・「武器はお札とお祓い棒」・「妖怪が巻き起こす騒動を解決する」という点は全作品に共通している。後の各業界に誕生した巫女キャラの開祖というべき存在でもある。

キャラクター原案・デザインは、ゲームの企画・制作を担当した元タイトーのデザイナー、藪崎久也氏。

 生誕から25年を数えることになるが、いまだにその人気は衰えを知らず、現在でもアミューズメント筐体の景品グッズになっていたり、2010年に突如小説版が刊行されたりと、タイトーの看板キャラの一角として、根強いファンを獲得している。
 その一方で、ここ10年ほどで萌えキャラ化もかなり進行している。最新版である『奇々怪々2』では、完全に萌え系美少女キャラとなり、ついでに脇もさらしている。(開発中止になったが)

元祖紅白

先ほどの解説にもあったが、巫女キャラの元祖である。
そして実は、今や同人界一有名な巫女直接の先祖に当たるキャラでもある

というもの、知る人は知っているが幻想郷の生みの親であるzun氏は、DOS版での第一作目の前に、習作としてタイトーキャラクターの登場するゲームを制作しており、その中には小夜ちゃんも登場。そして彼女のテーマ曲がずばり『東方怪奇談』という、どこかで聞いたことのあるタイトルとなっている。

その後、zun氏はタイトーの社員となったというが、この関連性をみると、ある意味では必然だったのかもしれない。

登場作品

ゲーム作品

奇々怪界(アーケード、1986年)
奇々怪界-謎の黒マント-(SFC、1992年)
奇々怪界-月夜草子-(SFC、1994年)
奇々怪界あどばんす(GBA、2001年)

他、多数のタイトー作品にゲスト出演

小説

奇々怪界~狐の里入り~(小説、2010年)

※前述の小説版においては、ゲーム作品の小夜ちゃん(初代、黒マント、月夜草子、あどばんす)はすべて同一人物という扱いとなっており、4度もの事件を解決してきたベテランの巫女という設定で、成熟した人格を持つ人物として描かれている

関連イラスト

奇々怪界の小夜ちゃん。
小夜と魔奴化



共同戦線
まぬけ巫女の偽調伏


後輩との夢のコラボ

関連リンク

タイトー 奇々怪界
巫女
結城小夜

pixivに投稿された作品 pixivで「小夜ちゃん」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 231580

コメント