ピクシブ百科事典

小峰徳司

こみねとくじ

フリーのゲームシナリオライターである。原作モノを悪い方向に改変する事も厭わないダメっぷりで知られている。
目次[非表示]

もしかして?


ビショップ小峯

概要


フリーのゲームシナリオライターとして活動しているが、ネット上では、

  • 作風が同じで薄っぺらく引き出しが少ないのは明らか。
  • プロのシナリオライターとして食ってるわりに文章能力が低く、語彙も乏しい。
といった悪い評価ばかりが目立つ。

シナリオライターとしての能力の低さは『ルミナスアーク』でも知られており、シリーズが進むと降板されられていたりするのだが、悪い意味でその評価を確定的にしたのが『スーパーロボット大戦K』でのひどいシナリオの数々である。

同作の主人公ミスト・レックスを変なところで出てきてはKY発言をぶちかますキャラにしてシリーズ最低・最悪主人公化に貢献した他、参加作品の原作再現シーンで肝心な部分を端折ったり間抜けな内容に改変したり、原作から悪い方向に改変されたキャラが登場するといった整合性のかけらすらないシナリオに仕上げている。
『スパロボK』が歴代のスパロボの中でも群を抜くひどい評価をうける原因を作った人物と言っても過言ではない。

特に『蒼穹のファフナー』関連での改悪は酷く、ユーザーがスパロボシリーズに期待する「原作だと可哀想な結果だった事を良い方向に自分で変えられる」と言うTVゲームらしい売りを完全に無視し、「同化現象を治療できず全員が助からない」という原作よりもさらにひどさを増したバッドエンドを正規ルートにしてしまうという悪改変ぶりを見せている。
その上、『ファフナー』のキャラがこのように絶望的な結末を迎えてる一方で、他作品のキャラはというと「仲間が死んだ直後に宴会を開いて裸踊りまでする」「科学者キャラが『暇でしょうがなくてさ』とか言って一人でバカンスを満喫している」など、常識すら疑いたくなる描写まである始末である
このような『ファフナー』の扱いの酷さは、後に『スーパーロボット大戦UX』で「『ファフナー』は『スパロボUX』が初参戦」と言われてしまうほどであった(これに反論が入る場合は「『スパロボ学園』が初参戦」と言われる)。

こういった様々な悪質なスタイルから、ネット上ではその名を呼ぶのもはばかられると言う意味で「KMN」と呼ばれている。

なお、元ゲームライターでシャイニング・ティアーズのシナリオを担当したビショップ小峯と同一人物ではないかとする説があるが、確定的な証拠は提示されていない。

関連作品


記事荒らし


本記事は、すでに退会しているユーザーにより内容を消去され、連続投稿で過去ログからも以前の内容がロールバックできない状態に荒らされていた。

※Pixiv百科事典運営に問い合わせしてみたものの反応は何もなかった。

該当のユーザーは、同時期にニコニコ大百科でも小峰徳司の記事やミストさんの記事で暴れて大百科を放逐された人物ではないかと思われる。

関連タグ

KMN スーパーロボット大戦K
ミストさん ミスト・レックス

関連リンク

クソゲーまとめ@ウィキ>用語集>人名2>小峰徳司

コメント