ピクシブ百科事典

小牟

しゃおむう

小牟とは、「namco×CAPCOM」の主人公の一人。
目次[非表示]

概要

CV南央美

小牟斬



古来より、悪しき異形の存在と戦ってきた日本政府直属の影の組織『森羅』のエージェントであり、
水の属性を持つ仕込み錫杖『水燐(すいれん)』、拳銃『銀(シルバー)』や様々な術を用いて戦う。(無限のフロンティアや続編のEXCEED、そしてプロジェクトクロスゾーンではもう一つの拳銃『白金(プラチナ)』も使用している。)
同作品の男主人公、有栖零児のパートナーである。

その正体は仙狐(中国における狐の妖怪)。
10年前、零児の父・正護と組んでいたが、敵対組織『逢魔』との戦いの末に死んだ彼に代わり、当時新人だった零児に先輩として戦術のイロハを叩き込み一人前のエージェントに育て上げた。

人間年齢換算765とかなりの高齢だが、1000歳から成体と見なされる仙狐族の中ではまだまだ若者。体もまだ成長中なのか、それとも作成スタッフの意向なのか、作品ごとにとある部分が少しずつ大きくなっている(もっとも、零児の沙夜たちに対する反応からして、そこが成長しても効果があるかは微妙だが)。
プロレス観戦の他、インターネットマンガアニメなどの現代日本のサブカルチャーも趣味の範疇で、その手のあらゆる知識やネタが豊富であり、本作におけるネタ要員として、今の若い世代には全く分からないようなマニアックなネタをシナリオのあちこちで状況の如何に関わらずバラまきまくってプレイヤーを驚愕させ、そして爆笑させた。
よっぽど深刻な状況でない限りはどんなに切羽詰った状況下においても極めて軽いそのノリを崩さない性質で、一部の登場人物及びプレイヤーからは駄狐の愛称で呼ばれている。

スーパーロボット大戦シリーズとの関連性

キャラクターの設定構築にディレクターの森住惣一郎氏が関わっており、小牟のキャラクターデザインが同氏がバンプレスト所属時にプロデュースした『スーパーロボット大戦IMPACT』の女主人公『エクセレン』に似ている。無限のフロンティアでとうとう公式ネタ化してしまった。

後述のネタセリフの総数はスパロボOGのネタ女王の異名を持つエクセレンをはるかに凌駕している。

namco×CAPCOMの発売から3年後、零児と共に無限のフロンティアに2回ゲスト参戦し、エクセレンと共通点のある『アルフィミィ』と共演した。

その折、スパロボシリーズ公式絵師の河野さち子氏によって徐々に「肉付きが良くなっている疑惑」が持たれている(続編とも言えるPXZ2においてナムカプ以来再会したとあるキャラクターから「何か盛ってない?」と言われていた)。
765歳なのにまだ成長期なのか女性ホルモンの分泌多過なのか・・・けしからんいいぞもっとやれ

ダ・フォックス自重しろ

小牟と言えば、有名どころからマイナーどころまで幅広く網羅されたネタセリフ。
その数は凄まじく、ネタの含まれていないセリフを探したほうが早いんじゃないかと思われるぐらい。
どのぐらいネタを含んだセリフがあるのか。そのごく一部のみ掲載する。


繰り返すが、これでもほんのごく一部である。一つまみですらない。
全部あげたらとんでもない事になるので、興味がある方は出演作品をどれか一つプレイされることを薦める。
ちなみに、中の人であるの南央美氏自身でさえも、あまりのマニアックすぎるネタのオンパレードに 小牟が何を言っているのかわからない・・・らしい。

登場作品

2005年 … namco×CAPCOM
2008年 … 無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ
2010年 … 無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ
2011年 … 勇現会社ブレイブカンパニー
2012年 … プロジェクトクロスゾーン
2015年 … プロジェクトクロスゾーン2ワルキューレの冒険 時の鍵伝説 With シャオムゥ(詳細はワルキューレの冒険の記事の関連タグへ記載有り。)

pixivに投稿された作品 pixivで「小牟」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1421830

コメント