ピクシブ百科事典

小西早紀

こにしさき

『ペルソナ4』に登場するキャラクター。八十稲羽商店街にあるコニシ酒店の長女。
目次[非表示]

CV:なかせひな(アニメ版)

概要(ネタバレ含)

八十神高校に通っていた主人公花村陽介より一つ上の学年、3年生の女生徒。
1年生に弟の小西尚紀がいる。
陽介を「花ちゃん」と呼びからかっていた。弟の小西尚紀との関係は良好で、彼曰く「すぐに長女ぶる」「なんでも一人で抱え込む癖がある」らしい。
シュークリームが好物。

4月12日にテレビのアンテナに吊るされた姿で発見された山野真由美アナウンサーと同じように、14日早朝「電柱に吊るされた」変死体で発見された。

 それによって怪奇殺人事件は「連続」怪奇殺人事件となった。
 彼女の死こそが陽介らをテレビ世界と言う「もう一つの世界」へいざなうきっかけとなったとも言える。
モロキンは死後彼女を「殺されて当然」だと批判されたり、二階の規律に厳しい男子生徒からは交流関係が派手であったなどと言われ校内の評価は良くない。
が、彼女のファンらしき女生徒や同級生の女生徒からは「悪い噂が流れていたけど、本当はいい子」と語っている。ジュネスのバイトも家の為を思ってやっていたということなので、尚紀の台詞などから面倒見がいい性格が伺える。
彼女の生まれた家は地元に代々続いている店の一つだったが、ジュネスがオープンしたことにより、客足が遠のき閉店した。
そんな状況下で彼女はジュネスでバイトをしており、父親にも罵倒されていたことがテレビ世界の探索によって明らかになる。また、それが陽介のシャドウ出現にも関わったと思われる。

「私・・・本当は花ちゃんのこと・・・」
「お、俺のこと・・・?」










ウザいと思ってた


早紀は陽介のことを本当はどう思っていたのか?

ねぇ、花ちゃん


上記のシャドウの発言が早紀の本音かどうか、ファンの間で度々議論されることがある。
今作でのシャドウは本人の認めたくない部分やマイナス面を誇張させたものであること、彼女がこのシャドウを受け入れず拒否した結果殺されてしまったことから考えると、早紀は完全に陽介のことが嫌いだったわけではないのであろう。
実際、漫画「The Magician」では早紀が文化祭で陽介にであったこと、彼に少なからず興味があったらしい描写がある。

恋愛感情があったかはわからないが、「ちょっとウザいところはあるけど、なんだかんだでほっとけない弟みたいな存在」として陽介を見ていたのではないだろうか。

陽介が主人公の小説「キリノアムネジア」ではメインヒロインを勤める。

関連イラスト

弟の尚紀と一緒に描かれることが多い。

姉弟
大人のふりしてさ
2009年3月某日
こにしせんぱい
「これで同い年だね」
着太り姉弟
ジュネスのバイト風景



関連タグ

ペルソナ4 P4G 小西尚紀

pixivに投稿された作品 pixivで「小西早紀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 192184

コメント