ピクシブ百科事典

就活

しゅうかつ

職業に就くための活動の総称。
目次[非表示]

君の青春は輝いているか 本当の自分を隠してはいないか
君の人生は満たされているか ちっぽけな幸せに妥協していないか

概要

職業に就くための活動の総称。
通常、学生・失業者など職に就いていないか、フリーターなど非正規雇用の者が、企業官公庁などに正規雇用されるための活動を指す。

pixivにおいては大学生の就活に関するものが多い。

具体的な活動内容

就活サイトに登録

リクナビ、マイナビなどに登録することで、様々な企業の情報を検索したり、説明会の予約を行ったりできる。
複数のサイトに登録すると、サイトからのメールでメールボックスがいっぱいになってしまう。

自己分析

簡単に言えば心理テストみたいなもの。質問に答えていくなどして、自分に合った業種・職種を探すために行う。
対策本や就活サイトには、就活の登竜門のように書かれているが、効果については疑問の声も。

就活セミナー

就活に必要な知識等を教える講座。面接や履歴書への対策から挨拶などマナーに関するものまで内容は多種多様。
大学が無料で行うものもあれば、企業が有料で行うものもある。
大学によっては1年生から参加させるケースもあるらしい。
また学生が忙しい場合、親が代わりに聞きに行くというのもあるとか。

会社説明会

企業が学生に自社がどんなところか説明する説明会。司会者が前に立って行うものから、座談会のような形式の物まで。また、職場や工場を見学させることもある。
基本的には人事部の人間が行うが、最近では社長や現場の社員が出てきて仕事を説明することも多いようだ。
人気企業の場合、説明会(しかも参加必須)の予約があっという間に埋まってしまい、門前払いになる学生も多い。
学生によっては100社以上の説明会に足を運んだり、一日に何社も回ったりするという。

履歴書・エントリーシート作成

志望動機や自己PR、趣味特技、研究テーマ等を書くもの。履歴書はコンビニ等に売られているが、大学生向けだと職歴欄が少なく、志望動機や研究について書く欄が多い。
エントリーシート(以下ESと表記)は、履歴書の各企業が出しているバージョン。A4一枚の物から何ページにも及ぶものまで分量はバラバラ。大抵の場合、ネットでDLするか、説明会で受け取る。ESの場合、履歴書と聞きたいことは同じでも、変則的な聞き方をする場合がある。

バ○ダイのエントリーシートに使ったイラスト


また、一般的な質問以外に、小論文・作文や商品企画を求める企業もある。

面接

こちらも志望動機や自己PR、趣味特技、研究テーマ等を聞かれる。
対策本にはやたらとマニアックな質問の例が載っているが、実際マニアックな質問をされることは稀である。

グループディスカッション

面接形態の一つ。学生がグループになって指定されたテーマについて話し合うというもの。
数ある選考過程の中でも、採用基準が特に不明確。

筆記試験・Webテスト

一般常識・教養等を問うテスト。微分積分のような難しい問題は基本的に出ない。マスコミ系では、難しい漢字が出たりするので、志望者は要対策。
Webテストは、誰が説いたか分からない為、複数の学生で解いたり、代行を依頼するといった手口もあるとか… Webテストの後、面接の際に企業独自問題を解かせることもあるので、替玉などはここで撃沈。

就活の問題点

今年度(2011年卒)の就活は過去最悪と言われている。
が、求人倍率が過去と比較して低いわけではない。
また、企業が採用を絞っている為の就職難ともいわれるが、求人が90万人近くあったリーマンショック前も、大卒就職者の人数に大きな違いは無い。要は単純に景気が回復したり、国が補助金を出したりして企業が採用枠を増やしても、問題は解決しないということである。

早期化・長期化

大学では、3年の4月から就活セミナーが始まり、場合によってはもっと早い段階で始まる。この為、学生は本来の勉強とは別に就活を行わなくてはならなくなる。また、企業も早いところでは3年の11月くらいには説明会を始める。インターンシップなどを含めるともっと早い。
また、内定が取れない学生は4年の夏以降も就活を続けなければならなくなる。このように、どんどん長期化していき、また企業によっては欲しい人数を確保する前に次年度の採用活動を始めなければならなくなったりする。
長く就活をする学生は、研究等に専念できなくなり、面接でも言うことが無くなる。そして、もっと就活を続けなくてはならないという悪循環に陥る。

志望のかたより

大学生への就職希望アンケートでは、大手と言われる一般に知名度の高い企業が上位に並ぶ。また、大手企業の中でも総合商社や一般消費者向けの製品・サービスをもつ企業(メガバンクや保険会社、電気機器・自動車などのメーカー、航空会社、旅行会社、マスコミなど)の人気が高い。
一方、中小企業等にはいまいち学生が集まらないという状況も。

選考基準が不明瞭

どこの企業でも、「求める人物像」にはリーダーシップ、グローバル、協調性、即戦力など、半ばテンプレに近いことが書かれている。
もっとも、その会社に合うか合わないかは数値で表されるものではない為、不明瞭な部分が出るのは仕方ないとも言える。

学生の意識不足

就活で困っている学生すべてがそうというわけではないが、意識が低いと思われる学生もいる。具体的には、説明会で居眠りをしていたり、履歴書や面接で話す志望動機がテンプレを使う等。要は「御社には興味がありません」と言っているのと同義。

サークルとアルバイトの話は厳禁

アピールポイントにサークルとアルバイトの話に関しては逆に減点の対象となるので注意。バイトリーダーの職歴に関しては特に気持ち悪がられる。ただし、就職上有利となるサークル活動(鳥人間コンテスト、自動車関連等、就職先と関連のあるサークル活動)なら逆に加点の対象となるので、興味をもたれるよう活動履歴をまとめておいた方がいい。

誤った知識・情報や他人の成功例の伝播

上記の「企業が採用数を絞っているから内定がもらえない」といったデータを読み違えた知識や情報が広まっている。最近はネットの発達もあり、事実確認がされないまま、既成事実として広まってしまう為注意が必要。
また、他人の成功例(都市伝説を含む)を真似て失敗するケースもある。更に、自分の成功例を後輩に押し付けてしまうというケースもあるようだ。

pixivに投稿された作品 pixivで「就活」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 660901

コメント