ピクシブ百科事典

尼子晴久

あまごはるひさ

尼子晴久 永正11年2月12日~永禄3年12月24日(1514年3月8日~1561年1月9日)は、戦国時代の武将。尼子氏第5代当主で出雲の戦国大名・守護大名。本拠地の出雲の他にも隠岐・備前・備中・備後・美作・因幡・伯耆の計8ヶ国の守護職を務め、幕府相伴衆としても名を連ねた。
目次[非表示]

尼子晴久(史実)

出雲の戦国大名。
永正11年2月12日(1514年3月8日)、尼子経久の嫡男・政久の次男として生まれる。ただし、父祖たちも用いた幼名「又四郎」でなく「三郎四郎」となったのは兄(政久の嫡男某)が夭折していた為である。

本来なら尼子氏の家督を継いでいたはずの父・政久は、永正15年(1518年)の出雲阿用城攻めで戦死。このため、経久にとって嫡孫に当たる三郎四郎が、世子に繰り上がってしまうと、天文6年(1537年)には経久の隠居により、家督を継いで当主となった。元服後の初名は「詮久(あきひさ)」と称した。

この頃、叔父・興久(経久の三男)を粛清した事で備後山内氏と疎遠に、そして重臣・亀井秀綱の主導による毛利氏の家督相続への介入に失敗した事で、毛利氏の大内氏への転属を許し、備後国や安芸国への支配力低下を招いていた。

前半生

大永年間には祖父の命を受け、伯耆守護代として伯耆守護の山名澄之を監視する任に付く。
享禄4年(1531年)、謀反を起こした叔父である塩冶(えんや)興久に味方した備後山内氏を討伐すべく遠征している。他にも三沢・多賀・山内氏討伐へと出陣。また、塩冶興久の乱以降は、大内氏家臣陶興房が享禄3年(1530年)5月28日に記した書状では、興久・経久の両者から支援を求められ、最終的には大内氏は経久を支持していることが分かっている。これにより祖父経久の代には仇敵であった大内氏とは和睦しており、これも当時北九州で大内氏が苦戦していた為と思われる。享禄5年(1532年)には美作へ侵攻して確保すると、備前を攻略する。

当主となった翌天文7年(1538年)には、大内側であった石見銀山城を攻略し、更には因幡を平定した後に播磨へと侵攻して前記三ヶ国の守護・赤松晴政に大勝する。天文8年(1539年)には龍野城を落城させ、播磨にまでその勢威を拡大した。この上洛戦は、大友義鑑が画策した将軍足利義晴の入洛を名目とする大内氏包囲網の一翼を詮久が担ぎ、更には足利義晴から御内書の発給を求め、それを貰い受けている。当時幕府は石山本願寺と対立していたこともあり、大内氏・尼子氏等の勢力に救援を兼ねた上洛要請をしていた為、これに詮久は便乗する形で上洛そのものが目的というより、国人衆の統制を強化すると共に、近隣にその存在感を誇示するための遠征であり、将軍の上洛要請を名義として北九州に兵力を割かれていた大内氏への牽制でもあった。同時期において、詮久は備後国衆である宮氏・渋川氏を従属させ大内氏への圧力を強化している。安芸国においても、安芸武田氏・吉川氏と連絡を取り、影響力を強める。

そして、別所就治の三木城攻略に取りかかり、別所氏が尼子方に付いた為に赤松晴政は堺へと逃亡。これにより、詮久は上洛する構えを見せたが、大内氏包囲網の中心であった大友義鑑が大内氏当主・大内義隆と和睦して大内氏包囲網が瓦解した為、一度出雲に撤退している。更に、将軍である足利義晴が尼子氏の播磨進出を警戒し、大内氏に尼子氏への攻撃を要請し、これに対して大内氏は尼子方である安芸武田氏当主の武田信実を攻撃。詮久は援兵を派遣するも佐東銀山城が落城。信実は一時若狭へと逃亡している。これにより享禄3年(1530年)以降、表面上和睦関係にあった大内氏との関係は破綻した。

天文9年(1540年)、大内義隆に属していた安芸の有力国人・毛利元就を攻める。『陰徳太平記』には、この時、祖父の経久はこの遠征に反対したが、血気に逸る詮久は遠征を強行したと記述がある。しかし毛利攻めの直前には、石見の小笠原氏や福屋氏、安芸の吉川氏や安芸武田氏、備後の三吉氏など、多数の有力国人を味方につけており、周囲の形勢は尼子氏に有利に展開していた。また、実際に戦闘が始まってからも、安芸武田氏の奮戦により大内氏の援軍は遅延し、さらには大内氏の援軍を迎え撃ち、毛利氏との合流を遮断する為、本陣を甲山から青山三塚山に移す等、巷で言われる程の稚拙な戦いを展開した訳では無かったが、兵力で大きく勝りながらも小競り合い程度で積極的攻勢に出る事は無く、元就率いる毛利軍の徹底した吉田郡山城における籠城戦法と、援軍として駆け付けてきた陶隆房率いる大内軍に大敗を喫し、大叔父の尼子久幸を失った(吉田郡山城の戦い)。

結局、尼子氏を頼りにしていた安芸武田氏は、詮久の敗走により大内氏らの攻撃を受けて滅亡し、祖父・経久が天文10年(1541年)に逝去するという不幸も重なって、尼子家勢力下の国人領主が大量に大内氏へ寝返った為、危機的状況に陥った。同年、将軍・足利義晴から「晴」の一字を賜って、「晴久」と改名する。これは吉田郡山城の戦いにて失墜した自らの権威を回復する目的の行動だったと思われる。また、この時期には備中・美作へ自ら出陣し、美作三浦氏・中村氏らを攻撃している。これらも周囲の国人衆への統率強化を図る一連の動作に含まれる。

天文11年(1542年)には、大内義隆率いる大内軍の侵攻を受けた(第一次月山富田城の戦い)。この侵攻により、一時は赤穴(あかな)城主の赤穴光清が戦死、家臣の本城常光までもが降伏して大内方に回る。しかし、尼子勢の徹底抗戦により戦いは長引き、大内軍は次第に疲弊した為、寝返っていた国人衆(吉川興経三刀屋久扶本城常光等)は動揺し、再び尼子方へと帰参した。この国人衆の再度の寝返りにより戦況は完全に逆転し、大内軍は撤退を開始したが、混乱の中で大内義隆の養嗣子・大内晴持が海路での逃亡中、船が転覆して溺死、尼子軍に追撃された小早川正平は戦死、毛利元就も毛利家家臣・渡辺通(かよう)が身代わりとなって玉砕する等の九死に一生を得るほどの損害を受けた。また、この時には勢いに乗り、失地した石見東部を取り返し佐波氏を大内所領に追放している。

以後は失った勢力の回復に尽力し、大内氏に与した一族の尼子清久は粛清、出雲国造千家氏は退転、河津氏・宍道氏・神西氏・多賀氏・佐波氏は惣領を追放処分、三沢氏は出雲国横田荘などの領地を削減、直轄化とされた。また、雲南地域砂鉄の産地や流通を押さえるなどして出雲の支配体制を強化し、本国出雲を中心として、伯耆・美作・隠岐を基盤に、周辺地域へ侵攻し、勢力を更に拡大しようとする。

後半生

天文12年(1543年)7月、再び石見銀山を奪回すべく、石見へと侵攻し、これを奪取することに成功する。天文13年(1544年)頃には、因幡守護・山名誠通(久通)を従属させ、因幡全域への影響力を強めるが、間も無く但馬守護・山名祐豊の攻撃によって久通は敗退し、彼を支援する尼子氏の勢力も後退し、その後は鹿野城を巡って山名氏と小競り合いを続けている。同年、7月には晴久は自ら備後へと出陣し、三次盆地に力を持つ三吉氏を攻撃し、迎撃に出た児玉就忠・福原貞俊を撃退している(布野(おしの)崩れ)。だが、この時期に大内氏から援助を受けて佐波氏が石見に帰還を果たし、代わりに入っていた赤穴氏当主・赤穴盛清は出雲へと撤退した。

天文17年(1548年)頃には、美作高田城の美作三浦氏を家督・所領の安堵を通じて従属下においた。このため、美作西部での尼子氏の勢力は拡大した。天文19年(1550年)には、独立勢力であった杵築大社(現出雲大社)が遷宮を行った際に仏僧を入れて混乱を招く等して、大社勢力の独自性を削ごうとしている。また、尼子方であった日御碕神社に支援を行い、同勢力が有する宇竜港を使い貿易を積極的に行っている。天文20年(1551年)頃には備前を圧迫し、国人・松田氏や備前守護代・浦上政宗を味方につけるが、政宗の弟・浦上宗景はこの動きに対し、反尼子方の備前国人を糾合して自立、毛利氏や備中の三村氏より援助を受け、これに対抗した。晴久は自ら備前に出陣し、播磨の浦上政宗と結んで宗景の居城である備前天神山城・沼城まで進出し、これを牽制している。

天文20年(1551年)、大内義隆が陶隆房(晴賢)の謀反により死去した為(大寧寺の変)、天文21年(1552年)には室町幕府の将軍・足利義輝より、山陰・山陽8ヶ国(出雲・隠岐・伯耆・因幡・美作・備前・備中・備後)の守護及び幕府相伴衆に任ぜられた。同年12月3日、朝廷から位に従五位下、官に修理大夫を賜る。これは中央政権である幕府・朝廷に、尼子氏が中国地方の名家及び大内氏に準じた働きをする勢力として認知されたことを示している。また、守護を任された国においての尼子氏の勢力が優勢であるという象徴でもある。
守護職という中国地方を支配する大義名分を手にした8ヶ国守護補任を機に、晴久は尼子氏の出雲下向時からの直臣を用いて、奉行衆を中心とした支配体制を確立した形跡があり、このことが、尼子家中枢部から離れた位置にいた独自勢力となりつつあった叔父・尼子国久率いる新宮党の立場を微妙なものにしたと思われる。

天文21年(1552年)頃、晴久は杵築(現:出雲市大社町)の御師にして商人である坪内氏を介して、備後北部の三次盆地に勢力を持つ江田氏を、尼子方へ寝返らせる事に成功(尼子方国人・山内氏の誘いもあったという)。また、宇賀島衆等の海賊衆も懐柔することに成功している。同時期には備後新一宮氏の宮元盛とその叔父である宮光音を支援し、備後方の大内・毛利側の国人を攻撃させている。天文22年(1553年)3月、美作東部へと進出。晴久は自ら28000の兵を率いて迎撃に出た浦上宗景後藤勝基の15000を撃退。再び天神山城付近まで進出し、播磨加古川まで進撃している(美作勝山の戦い)。しかし、この隙を突く形で4月6日より、備後江田氏は毛利氏を中心とした大内氏方国人の攻撃を受けた。その報を受けた晴久は美作出兵から引き返し、備後国高へ出陣して萩瀬にて陶晴賢率いる大内軍と激突し、一時は安芸に侵入する等して盛り返すも勝敗が付かず、10月には江田氏の居城・旗返山城は落城。12月には山内氏・多賀山氏も大内方へと下り、備後庄原から福山にかけての支配権を喪失した。備後は尼子氏が中心とする出雲に近いだけあり、それだけ尼子氏の影響力も強かったものの、大内氏傘下である反尼子同盟の国人衆である毛利氏の攻撃もあり、備後への大内氏の影響力は強まった。

天文23年(1554年)、月山富田城に連歌師である宗養を招いて連歌会を行う等、文化の隆盛を図った形跡もある。6月7日には陶晴賢から益田氏当主の益田藤兼を通じて大内氏(陶氏)と同盟関係を結ぶ。また同年に11月に尼子国久誠久父子が率いていた新宮党を誅殺する。「陰徳太平記」では誅殺した理由として、毛利元就が謀略の一つとして「尼子国久・誠久父子が尼子晴久を抹殺して権力を握ろうとしている」という噂を立て、それを真に受けた晴久が尼子国久・誠久父子及び新宮党を粛清したとあるが、本当の理由としては新宮党が傲慢な振る舞いを見せて次第に尼子本家に従わなくなった事に危惧した事や、尼子本家による支配力強化を狙ったからと考えられている。結果、この粛清によって新宮党の勢力基盤であった東出雲能義郡吉田荘・塩冶氏領の出雲平野西部は晴久のもとに直轄化され、尼子氏の権力基盤を強化する事に成功している。

弘治元年(1555年)、大内家の主導権を握っていた陶晴賢が、毛利元就との厳島の戦いに敗れて自害し、これにより前年に結んだ大内氏との同盟関係は自然消滅した。この時、備前浦上氏の天神山城を攻撃していた晴久は、大内家の崩壊を石見侵攻の好機ととらえ、素早く兵を備前から引き上げると川本の小笠原長雄と結び、石見銀山を奪取するべく進撃を開始した。銀山の防衛拠点山吹城を包囲した晴久に対し、弘治2年(1556年)、毛利元就率いる毛利軍は反撃に出たが、晴久はこれを忍原(おしばら)にて撃破(忍原崩れ)し、9月には山吹城を陥落させた。銀山防衛の要となる山吹城には本城常光を城主にすえ、また、既に天文年間後半に雲石国境の刺賀岩山城に派遣していた直臣の多胡辰敬や、新たに鰐走城に派遣した牛尾久清、在地の国人領主である温泉(ゆのみ)英永などを連携させて、銀山の積極的な確保につとめた。

晩年


弘治3年(1557年)、毛利氏による防長経略により、大内氏最後の当主・大内義長が自害する。大内領の大半が毛利領になると、毛利元就による石見東部への侵攻も激しくなり、永禄元年(1558年)には小笠原長雄の温湯城が攻撃された。晴久は救援に出陣したが、おりからの豪雨のため江の川が増水して渡れず、永禄2年(1559年)8月には小笠原氏が毛利氏に降伏した。毛利氏は石見銀山奪取の為に銀山を守る要衝である山吹城を攻撃するも、これを陥落させることができず、その撤退中に城主本城常光の追撃を受け、敗走している(降露坂の戦い)。そして、10月には大田より帰陣した。結局の所、尼子晴久の存命中に毛利氏は石見銀山を奪取しえなかったのである。弘治元年(1555年)から永禄年間にかけては、嫡男義久を播磨浦上政宗の援軍総大将として派遣している。

永禄2年(1560年)には、備中上房郡(現高梁市)にて毛利方国人三村家親と一戦を交え、これを敗走させる。そして、晴久は永禄3年12月24日(1561年1月9日)に月山富田城内(現:島根県安来市)で急死する。享年47。(雲陽軍実記等での急死の場面を見るに)死因は脳溢血によるものだと思われる(因みにNHKの大河ドラマである「毛利元就」では、尼子国久が誅殺された事により、夫・晴久を深く恨みに思った国久の娘である妻によって、晴久は石見銀山の銀の毒を仕込んだ茶で毒殺された事になっている)。後を嫡男の義久が継いだ。

評価

大内・山名・毛利・三村・浦上といった周囲の勢力の圧迫を受け続け、及び内部の国人衆を巧く纏め切れぬままに世を去った故か、評価は低く見られる事が多い。

しかし山陰・山陽8ヶ国の守護大名として君臨、自らの勢力基盤の弱点を見抜いた上で新宮党を粛清、旧来の権力基盤からの脱却を図って中央集権化を推し進めた事、晴久が存命中の時は尼子氏にとって最も経済の重要な拠点である石見銀山を毛利氏から奪取されずに守りきった事、また当時の貿易中心であった日本海ルートの貿易航路を最大限に用いて国内では若狭商人との繋がりを強化、国外では明や朝鮮、南蛮との対外貿易を積極的に展開させて出雲の発展に貢献する等、内政手腕も優れていた事から近年は優れた当主として再評価を受けている。

因みに、祖父・尼子経久が詠んだされる「秋上は 富高らかに 相かして 思うことなく 長生きせん」という和歌がある。意味は「秋上氏・富氏・別火(財)氏が相和して、思う事なく(争いが無くなり)皆長生きするだろう」というものだが、実際にこの和歌を詠んだのは晴久であり、出雲神官である三氏の和解を喜んで詠んだものである。尚、経久が詠んだと認められて頃にはこの和歌は尼子氏の研究に取り組んでいた郷土史家から「人徳の将である経久らしい」と絶賛されていた。


尼子晴久(架空)

尼子晴久(戦国BASARA3

すなのひと


属性
武器
肩書一望千夜(いちぼうせんや)
登場時の書き文字登場
一人称
声優川村拓央

概要

砂と風の国である月山富田の主。気が強く勝ち気だが、ある程度ダメージを与えられ負けそうになるとすぐ砂に隠れて逃げてしまう。そのため同社のゲームモンスターハンターのモンスター「ガレオス」や「デルクス」を想起するファンもいる。
彼のステージでは砂嵐が常に吹き荒れているため、一度逃がすと見つけ出すのが非常に困難。
毛利元就を「口の立つ頭でっかち」と評し嫌っている。
モーションは刀兵のものを流用。

彼のステージのBGMがどことなくアラビアンなため、ファンからは「アラビアン尼子」と呼ばれる事も。
また公式で美形色男という設定ではあるが、仲間武将として連れ歩く際、
晴天乱流!!!」と非常に五月蝿いため、「残念なイケメン」と評されている。

4では行方不明となっていて、部下である山中鹿之介に捜索されている。
彼の行方は鹿之助ストーリー、ドラマモードで何となくだが判明する。
4皇ではザビー教の教徒、ポエム尼子なる人物が登場。

関連イラスト

【妄想】ワンコイングランデ尼子晴久
【SAI実装試運転】尼子晴久


関連タグ

戦国BASARAシリーズ 戦国BASARA登場キャラクター一覧 地方領主 
中国勢 中四国 尼子主従
毛利元就 山中鹿之介
ザビー教 ポエム尼子
ガレオス

尼子晴久(戦国大戦

アゲアゲで行っちゃうよぉ~♪

あげあげ
アゲ↑アゲ↑でイっちゃうよォ♪


CV:小野大輔

概要

「15XX五畿七道の雄」より祖父や息子と共に他家勢力に参戦。レアリティはRで、二つ名は「山陰の王者」。計略使用時に用いる上記の台詞により、ファンから渾名として「アゲアゲ」と呼ばれる事もある。

「神の国」と言われる出雲の国主だけに神官の衣装ではあるが唇と耳にピアス、シルバーのアクセサリーに軽い口調と何故か現代風のいわゆるチャラ男なデザイン。スペックは弓足軽で武力(5)、統率(6)とも平均的で特技に魅力を持つ堅実なスペックである。
固有計略『八方破の陣』は範囲内の味方の武力と移動速度を上昇させる陣を展開する。デメリットとして展開した陣に敵が進入すると自城に徐々にダメージを受けるが、ダメージはあまり高くない。
自城にダメージを負うほど効果の上がる計略を持つ尼子家の家臣、山中鹿之助と共に運用すれば、デメリットを更なるチャンスに変える事も可能。

まあ、なるようになるでしょ♪

関連タグ

戦国大戦 山中鹿之助 尼子経久 尼子誠久 尼子義久

尼子晴久(戦国無双

武器:刀剣(3) 槍(4) 声:藤本たかひろ(3Empiresの特殊台詞時は宮坂俊蔵)

「名族・佐々木源氏の末に晴久あり!ひれ伏せい!」(3Emp特殊セリフ)

3Empiresより初登場。(2Empiresでは先駆けて息子・義久や鹿之助がモブとして登場)特殊台詞は尼子家を名族(元を辿れば佐々木源氏)と称し、その威光にひれ伏せという意味合いがとれる。

戦史演武では吉田郡山城の戦いや第1次月山富田城の戦いに総大将として登場。イベント「尼子調略」の会話内で死去した事が隆景の口から語られた。(この時に当主が義久へ交代する)

4Empiresでは奥方にして叔父・国久の娘であるみつが登場し、それと同時に鹿之助共々固有武将として登場した。しかし特殊台詞は省略された。

pixivに投稿された作品 pixivで「尼子晴久」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2065790

コメント