ピクシブ百科事典

山本浩二

やまもとこうじ

元・プロ野球選手。カープ一筋で愛称は「ミスター赤ヘル」

広島東洋カープの外野手。広島県出身。本名・山本浩司。

幼少の頃、設立されて間もない地元プロ野球チームである広島カープの長谷川良平投手らに憧れ、プロ野球選手を志して野球を始めた。地元の広島県立廿日市高等学校に進学。
廿日市高校を卒業後、法政大学に入学。田淵幸一富田勝と共に「法政三羽烏」と呼ばれ法政大学の黄金時代を築いた。この田淵と後に中日ドラゴンズに入団する明治大学のエース星野仙一は親友。この交友関係はプロ引退後も続いている。

大学卒業後は広島への入団を熱望し、1968年にドラフト一位で入団。1969年よりレギュラーで一軍の試合に出場するようになった。1974年に「浩司」から「浩二」に解明。
そして、1975年に才能が開花。4番に抜擢されオールスターゲームで衣笠とアベックホームランを打つなど大活躍し、初の首位打者及びMVPに輝きチームの初優勝に貢献。
広島ファンから「ミスター赤ヘル」の称号を贈られた。

その後も衣笠と共にカープの黄金時代を築き上げた。1975・1979・1980・1984・1986年のセ・リーグ制覇、1979・1980・1984年の日本シリーズ制覇の立役者の1人。
持病の腰痛が悪化し1986年に現役を引退。
山本浩二がつけていた背番号「8」は、カープの永久欠番となっている。

その後二期カープの監督を務め、1991年には優勝した。

2013年度第3回WBCで監督を務めた。
準決勝でプエルトリコに敗れ、3連覇は果たせなかったが、日本を3大会連続のベスト4へと導いている。


星野仙一田淵幸一とは親友。



関連動画



いや、いくら女だと知らなかったからって……。

pixivに投稿された作品 pixivで「山本浩二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2637

コメント