ピクシブ百科事典

山田隆夫

やまだたかお

通称「山田くん」。笑点の大喜利のオープニングで一番上手に座っている赤い着物を着た座敷童子の一種。
目次[非表示]

概要

笑点座布団運び。
歌を歌うのが好きでよく歌っている、うまいかどうかは人による。
歌うだけ歌うと舞台裏に引っ込み、座布団運びに専念する。
仕事は座布団運びで落語家ではないが、就任をきっかけに落語界の礼儀作法を学ぶ為に鈴々舎一門に入門し、現在も在籍している。
悪口を言うと舞台裏からすぐさま飛び出し、相手を突き飛ばして座布団を奪うが、五代目三遊亭圓楽が司会を務めていた頃、座布団運びを目立たせるために提案したネタが採用されて生まれたためである。
(その相手はいつも悪口を言う林家こん平(または弟子の林家たい平が多い)
「山田くん例の物を」というと様々な品物を持ってくる、主なものはカツラ。
タグは「山田くん」の方が多い
また「山田く~ん…」と実際の笑点の台詞に引っ掛けたタグも多い。

ずうとるびのメンバーで笑点の座布団運びになったのは1984年10月頃で前任の松崎真氏が降板した為に座布団運びとしてメンバーに加入。その時はやや濃いめのピンク色で現在の赤色の着物は1985年7月以降から。
座布団運びとしては長期メンバーの一人に入る。

5代目円楽からは「江戸川のスター」などと紹介されていたが、桂歌丸が後任になってからはメンバー以上の罵倒を織り交ぜた紹介をされ、2015年からは前任の松崎同様役に立たないものに例えられることが多くなった。

2015年5月31日放送分から10月4日放送分までは大喜利の挨拶の簡略(ただし歌丸復帰の9月13日は除く)により「座布団と幸せを運ぶ山田隆夫です」のみしか喋らなかったが、10月11日放送の笑点にて再び挨拶が披露された。

ボクシングのライセンスを持っており、今でもジムで鍛えているとのこと。

メンバー紹介時のみ自分専用の赤い座布団に座る。

山田くんネタ

昔は回答のネタに「山田くんは子沢山」のイジリがあったが、これは彼がバツイチで前妻との間に一人と現在の妻との間に子供が二人いる事が由来。

現在は座布団運びクビネタが多いが、それが出ると司会からの没収の指示が出る前にガッツリ座布団を持っていってしまうのが定番。さらにバリエーションとしてメンバーを蹴飛ばしてから持っていくものもある。
圓楽が司会であった頃はほぼ山田の判断に一任されていたが、歌丸以降は座布団を持って行ったメンバーに座布団をプラスするのが定番となっている。

余談

スティーブン・スピルバーグ監督映画「太陽の帝国」で、主人公の少年にたたかれながらトラックを運転する日本兵の役を演じている。

またずうとるび脱退後にスーパー戦隊シリーズにも出演しており電子戦隊デンジマンの第30話にてサブ役でゲスト出演、太陽戦隊サンバルカンでは23話以降に登場する矢沢助八役を演じた。

先述の座布団運びクビネタがあるが、座布団運びだけでどうやって食っていけてるんだろうと思う人が多いと思うが、実は彼は複数のマンションを運営している大家である。これは若い頃に不動産運用に手を出して上手く成功した事から来ている。このうちの1件についてはたい平にネタにされ、それによれば

  1. 深川にあった実家が区画整理で立ち退きになり、当初の10倍の値段で売れる。
  2. その後江戸川に土地を買い家を建てたが、高圧鉄塔の用地になり、何十億という立ち退き料を貰う。
  3. その後横浜に買った土地にエレベーター2基、4階建ての通称「座布団御殿」を建てた。この時も「近くに地下鉄(=グリーンラインと思われる)ができる」と言っていたという。
…だと言う。

桂歌丸勇退→終身名誉司会後に新司会となった春風亭昇太は山田くんより年下である為、従来通りに「山田くん」と呼ぶか「山田さん」と呼ぶか就任当初は決めあぐねていた。山田くんとしては従来通りで良かったらしいが「山田先生」の案を出すも結局は「山田くん」の呼称で収まった。
ただし、時々昇太は「山田さん」と呼ぶ事がある。また昇太が後輩であることから、メンバーと一緒に滑舌が悪いことに文句をつけたり、邪魔者扱いされると突っ込む場面も見られる。

関連タグ

桂歌丸 三遊亭小遊三 三遊亭好楽 林家木久扇 春風亭昇太 三遊亭楽太郎 林家たい平

pixivに投稿された作品 pixivで「山田隆夫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21298

コメント