ピクシブ百科事典

目次[非表示]

土佐藩郷士。土佐勤王党の志士。
司馬遼太郎の「人斬り以蔵」で有名になり、幕末四大人斬りの一人に数えられる。

概要

武市半平太(瑞山)に師事し、剣術を学ぶ。
安政3年、海防警備のため、藩命で武市と共に江戸へ発つ。また任務の合間、桃井道場で武市らと共に修行に励む。
万延元年、武市に連れられ、久松喜代馬、島村外内ら武市道場の門弟仲間と共に、各地で武術修行に参加した後、江戸で武市が結成した土佐勤王党に加盟。
文久年間は、天誅と称して、薩長土の尊皇攘夷派の同志と共に、かつて安政の大獄で尊皇攘夷派の弾圧に関与した者などへの粛清に参加した。
なお天誅及び土佐勤王党員が関与した暗殺は武市の弟である田内衛吉中岡慎太郎、他藩の志士など大勢が参加した、集団での私的制裁であり、以蔵一人が行ったものではない。

性格は豪勇で武技を好み、大柄で逞しい体格だった。しかし一見勇敢なようで臆病だったため、皆にこの性格を惜しまれたといわれる。

一時は坂本龍馬の紹介で、勝海舟の護衛をしていたが、結局護衛役をやめ、最終的には酒色に溺れ身を持ち崩し無宿者となった。

八月十八日の政変後、土佐勤王党が失速すると、勤王党への弾圧が始まる。一連の暗殺に関して武市ら勤王党の同志がことごとく捕らえられる。以蔵も京都所司代に強盗として捕らえられ、土佐に引き渡される。拷問の末、自分の罪状及び天誅に関与した同志の名を白状し、打ち首、晒し首となった。
素行不良に加え、自白で同志に累を及ぼし土佐勤王党の大獄の切欠になってしまった人物だったため、維新後は顕彰碑に名前を載せることを拒否されていた。
なお創作にみられる、獄中で毒殺未遂を恨んで自白したというエピソードは、司馬遼太郎の創作である。

創作での岡田以蔵

龍が如く維新!では錦山彰が以蔵を演じる。武市半平太の兄弟分として土佐勤王党筆頭になった坂本龍馬を嫌い、幾度なくぶつかり合う。

るろうに剣心に登場した鵜堂刃衛のモデルでもある。

銀魂には以蔵をモデルにした人斬り岡田似蔵が登場。

Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚』にはアサシンサーヴァントとして登場⇒アサシン(帝都聖杯奇譚)

関連タグ

司馬遼太郎 以蔵 武市半平太 坂本龍馬

pixivに投稿された作品 pixivで「岡田以蔵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 305943

コメント