ピクシブ百科事典

川内康範

かわうちこうはん

日本の作家、脚本家、作詞家、政治評論家
目次[非表示]

1920年2月26日に函館市で生まれる。

1941年に東宝に入社以来、映画の脚本を執筆してきた。その中でも1958年に制作された月光仮面は大ヒットし、日本の特撮の先駆け的存在となった。

日蓮宗の寺に生まれ育った。「喧嘩康範」の異名を取るほど妥協しない硬派・正義漢だったが、仏教思想に基づいた反戦・非暴力主義者でもあり、その思想は作品にも色濃く反映されている。耳毛が長いことでも有名。

代表作

特撮


楽曲


『おふくろさん』事件

2007年2月、川内が作詞した森進一の曲『おふくろさん』の歌い出しに勝手に歌詞が付け加えられていたとして激怒。「森には今後、俺の作品は一切歌わせない」と自身作詞の楽曲を全て封印し、絶縁を宣言した。その後、両者の対話は一切果たされること無く、川内は2008年に88歳で他界。和解は永遠に叶わぬものとなった。

なお、詳細と顛末についてはWikipediaの「おふくろさん騒動」を参照されたし。

なお、この騒動からは離れるが、『月光仮面』の大ファンでもある漫画家の永井豪は『けっこう仮面』執筆の許可を得るため川内の元を訪れたところ、あの内容にもかかわらず大笑いして快諾してくれたというエピソードがある。
さらにはSPEEDWAYTM NETWORKの前身にあたるバンド)の『Rockin' on the 月光仮面』や嘉門達夫の『替え歌メドレー』で『にっぽん昔ばなし』をネタとして使用することにも許可を出しており(そうでなければいずれもリリースは不可能)、きちんと筋さえ通せば著作権にうるさいことはなかったらしい。

pixivに投稿された作品 pixivで「川内康範」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16824

コメント