ピクシブ百科事典

工藤公康

くどうきみやす

愛知県出身の元プロ野球選手(投手)。左投左打。
目次[非表示]

経歴


1963年5月5日生まれ、愛知県出身の元プロ野球選手。

1982年名古屋電機高校(現・愛工大名電)から西武ライオンズに入団。渡辺久信らとともに、西武黄金時代の柱としてチームを支えた。当時は「新人類」の代表格であったとされた(わかりやすく言えば「いまどきの若い者」と言われた方である)

1995年、FA権を行使して福岡ダイエーホークスに移籍。2000年、再びFA権を行使して読売ジャイアンツに移籍。2004年に200勝を達成(この試合でプロ入り後初となるホームランを打っている)し、名球会入り。

2007年門倉健の人的保障として、横浜ベイスターズに移籍。同年の巨人戦で勝利投手となり全球団勝利+13球団勝利(近鉄バファローズ東北楽天ゴールデンイーグルスに勝利)を達成。

2010年には16年ぶりに古巣西武に復帰するも、同年秋に戦力外通告を受ける。2011年に引退。現役生活は29年におよび、晩年は山本昌とともに「中年の星」として活躍した。

引退後は解説者に転身。2015年より福岡ソフトバンクホークス監督。打撃陣は凄い生え抜きが次々に育っているが、生え抜きの投手がもう一つであるというホークスの弱みを解消することが期待されている。

長男に俳優工藤阿須加、長女にプロゴルファー工藤遥加がいる。

プレースタイル

左投手の理想形」と称えられた美しい投球フォームから、最速149km/hのストレートと目一杯スピンの効いたカーブとのコンビネーションを主体にスライダー・シュートも加え投球を組み立てる。シュートは他の変化球に比べ見劣りするものだったが「『シュートを投げてくる』と思わせることで打者が詰まってくれることもある」と言い使い続けた。

関連項目

カリメロ:「ストッパー毒島」で毒島がヤジでこの単語を用い工藤をいじりまくる。もちろん工藤もムッとしている。

pixivに投稿された作品 pixivで「工藤公康」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7540

コメント