ピクシブ百科事典

目次[非表示]

平安時代末期にいたとされる女武者。

概略

 平家打倒を掲げて信濃長野)の木曾から挙兵した源氏木曾義仲の従者、または妾と言われ、同じく義仲に仕えた今井兼平にあたるという。
 『平家物語』によれば長い黒髪の色白の美貌で、薙刀を得意とした一騎当千の強者だったという。
 源平合戦で義仲は平家軍を駆逐して上洛できたが、後白河法皇と、さらに鎌倉源頼朝と対立し、源義経の討伐軍に追いつめられた。
 巴も手勢わずかな義仲に従っていたが、義仲から女であるお前は生き延びろと諭されて、敵を蹴散らしながら、を捨て故郷へ落ち延びたという。

 『平家物語』や『源平盛衰記』などの古典にしか登場しないため、実在したかは疑われている。とは言え、越後(新潟)に強弓の使い手・坂額御前という女武者が鎌倉時代に実在しており、当時武器を持って戦った女性がいた可能性は高い。
 脚色の多さから伝説化され、日本の女武者の代名詞として名高いが、一方で正式な武士ではないとする説もある。

全盛期の巴御前

  • 左右から襲いかかってきた刺客に対し、首を掴んで一瞬でへし折って殺害。二人とも首が千切れた
  • 吉仲を乗っていた馬ごとブン投げた。
  • 大男と馬上で組み合い、またも首をへし折って殺した
  • 初陣で7人もの首を上げた


以上、『源平盛衰記』より。女子力(物理)である。


関連タグ

 日本史 平安時代 歴史創作 源平 木曾義仲 戦乙女 薙刀

pixivに投稿された作品 pixivで「巴御前」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 136396

コメント