ピクシブ百科事典

常盤台中学

ときわだいちゅうがく

常盤台中学とは、「とある魔術の禁書目録」・「とある科学の超電磁砲」に登場する架空の中学校。
目次[非表示]

概要

学園都市内でも屈指のお嬢様学校で、中学校ながら高校レベルの内容の学習をやっているらしい。また、その生活ぶりも一般人とは違うらしい。
この中学校に入学が許されるのは「レベル3」以上の能力者のみであるという。

生徒数200人の内、二名がレベル5。学園都市第3位の「レベル5御坂美琴が通っている事でも有名で、彼女はたびたび作中で『常盤台の超電磁砲』『常盤台のエース』などと呼ばれている。
もう一人は、学園都市第5位の「レベル5食蜂操祈が在学しており、こちらは常盤台中学内部では女王として振る舞っている。
美琴のルームメイトであり理解者でもあるレベル4白井黒子も通っており、彼女を含めレベル4を47人も保有している。
それ以外の生徒はレベル3。(151人)
作中では在学するレベル5、レベル4、レベル3の全生徒の能力をもってすれば生身でホワイトハウスを攻略可能と噂されている。

学舎の園内外の2種類があり、美琴と黒子は外の寮に住んでいる模様。
常盤台中学は授業と生徒達個人の予習・復習で学業を補完するため、宿題という概念がない。
当然夏休み宿題もない。

校則が厳しい事でも有名。
寮内での能力の使用は禁止されており、使用した場合寮監から厳しい罰則を与えられる。
そして外出時は常に指定の制服姿でなければならない。
この目立つ制服姿と共に、常盤台の生徒はラッシュ時の駅の中でも見分けが付くほど気品に溢れていると言われている。

ただし、常盤台中学所属のメインキャラクターである美琴と黒子は割とあっさり校則を破っていたりする問題児である。
「超電磁砲」本編でも結構校則を無視しているので気になる人は見てみよう。

名前が明らかになっている常盤台中学の学生


関連タグ

とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲

pixivに投稿された作品 pixivで「常盤台中学」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 181248

コメント