ピクシブ百科事典

平家蟹

へいけがに

源平の合戦で敗れた平家の怨霊が憑依した、と言われる蟹。背中に苦悶に満ちた人面が浮き彫りにされた姿をしている。
目次[非表示]

実在する生物としての「平家蟹」

節足動物門・十脚目・ヘイケガニ科に分類される。日本近海の浅い海に分布する小型のカニで、甲の凹凸と模様が人間の怒り・苦悶の表情に似る。更に瀬戸内海や九州沿岸に多い事から、壇ノ浦の戦い(1185年)で敗れて海に散った平家(平氏)の無念をなぞらえ、「平氏の亡霊が乗り移った」という伝説が生まれた。このためヘイケガニは食用でないにもかかわらず有名なカニとなっている。別名を「キヨツネガニ」と言うが、これは1183年に豊前・柳が浦で入水した平清経に因む命名(因みにキヨツネガニに関する古文書の原文には「キヨツ子ガニ」とあり、清盛の子供の蟹、すなわち平家一門の蟹とも解釈できる)。

怨霊としての「平家蟹」

地元では嘗てこの蟹を捕まえると祟りがあると恐れられ、網に入る事があれば神社に収めて供養を頼んだ。

また、ある歌人が平家蟹の噂を聞き
なまじかに 海鼠にならで 平家蟹
と一句詠んだ所処、夢枕に平家の怨霊が現れて執拗に歌人を責め苛んだ。恐れた歌人が慌てて
海鼠にも ならで流石は 平家也
と詠み直した所処、亡霊はそれっきり出て来なくなった、と言う。

関連タグ

ヘイケガニ(表記ゆれ)

pixivに投稿された作品 pixivで「平家蟹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1091

コメント