ピクシブ百科事典

平経正

たいらのつねまさ

平安時代末期の平家一門の武将で、歌人。
目次[非表示]

概要

 官位は正四位下に昇叙し、但馬守、皇太后宮亮、左馬権頭を歴任している。
 寿永2年の平家都落ちの際に仁和寺に駆けつけ、拝領の琵琶青山』を返上し和歌を残した逸話は、『平家物語』中「経正都落」、『源平盛衰記』中「経正仁和寺宮ヘ参リシ事」条などで著名である。
上記の作品に描かれているように、琵琶を愛する貴公子で、和歌もよく詠んだそうである。
ちなみに、の演目名では『経政』が一般的である。
 寿永3年、一ノ谷の戦いにおいて、河越重房の手勢に討ち取られた。

関連人物

平経盛 - 父。
平清盛 - 伯父。
平経俊 - 弟。
平敦盛 - 弟。
藤原俊成 - 文化人仲間。
仁和寺五世門跡覚性法親王 - 文化人仲間。

平経正が登場する作品

遙かなる時空の中で3

関連タグ

日本史 歴史創作 平氏 源平 和風 能楽

pixivに投稿された作品 pixivで「平経正」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22501

コメント