ピクシブ百科事典

幻想卿

げんそうきょう

幻想卿(げんそうきょう)とは、18世紀ルクセンブルクのグレーヴェンマハ卿のことである。

概要

この、幻想卿の幻想とは、彼が童話作家としても名をはせたことに由来している。
のち、「ヘルメ童話」と呼ばれる童話は、老後の彼が孫(のちのオーフィールド伯)に話したものである。
記述はザッピング方式を用い、ファンタジー色の強かったことから、幻想卿と死後呼ばれるようになった。
事実、「羊飼いと氷の妖精」では、湖に住むと言われている妖精と少年の冒険を描いた。
はたして、彼がそこまで非現実的であったかというと、そうではない。
うるさいタカ派を抑えつけながら、ドイツやフランスといった諸外国との関係を回復した功績は大きい。
その功績を讃えられ、ルクセンブルク広場には彼の銅像が建てられている。
八ヶ条協定と呼ばれる周辺国との不可侵条約も彼が成し遂げたものである。
百年に一度とない良政と言われているが、彼が政治手腕を振るったのはわずか14年であった。






  • もしかして

幻想郷

関連タグ

東方project
幻想郷

pixivに投稿された作品 pixivで「幻想卿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57994

コメント