ピクシブ百科事典

幻想郷耐久選手権

げんそうきょうたいきゅうせんしゅけん

幻想郷耐久選手権(げんそうきょうたいきゅうせんしゅけん)とは 幻想郷で行われている架空の長距離レースおよび耐久レースでもあり、 幻想郷での市販車改造カテゴリにおいてはエキサイティングな モータースポーツである。 ちなみに主催者は八雲紫らしい
目次[非表示]

内容

市販改造クラスにおいては、幻想郷ツーリングカー選手権を参照。

参加車種

幻想郷において幻想入りした車種などが参戦するが、
基本的に80年代後半~90年代前半車が多くを占めている。

また、幻想入りする車種の基本は2001年代から生産販売中止した車種であるが、一部の車種はほぼ同じ年代の車種の扱いがされている模様。
例)FC3SとFD3S、BNR32とBCNR33。

改造範囲

改造範囲によりクラス分けがされており、グループ5やIMSAGTO、往年のGT500並みの改造されている車種はGT-1クラス。
ツーリングカーやN耐、現在のFIA-GT並みの車種はGT-2クラスに入れられる。

また、プロトタイプマシンの参戦も可能だがGT-1クラスで参戦出来るのが幻想郷ならではである。

GTクラス

基本的に、GT-1クラスは改造範囲が広いのが特徴。
これは幻想郷ならではのことだが、そのためにコストが
かかるクラスのため参戦車種が少ないのも特徴である。
ただしメインモノコック形状は変更してはいけないため
基本はフロントとリアをパイプフレーム化するのにとどまっている
ただし幻想郷で厳密に言って500台、競技仕様と公道仕様が幻想入り
すれば問題ないため
新たに500台を幻想郷で作るもしくは幻想入りすればいいので
これを利用すれば近年のGTマシン以上にすることが出来る。
(ただしある程度ハンデがある)
ちなみにエンジンスワップは可能

GT-2クラスは基本的にグループAにエアロを組み込んだようなもの
こちらはエンジンスワンプは不可能。

プロトタイプクラス

実際ルマンなどの耐久レースに出場していた車両が多く占めている。
フォーミュラーカーじゃなければ出場可能らしく、
基本的にグループCカー(787Bとか)やグループ6マシン(ポルシェ917とか)が
よく見られる。

参加資格

これも、他の東方モータリゼーション系と同じく、
参戦が可能なレースである。

ただし、最低限の保安器具の装着と、ヘルメットの着用が義務化されている

関連イラスト

工事中


類似タグというより先陣

幻想郷グランプリ 幻想郷ツーリングカー選手権


関連タグ

東方 東方モータリゼーション レース

コメント