ピクシブ百科事典

当たらなければどうということはない

あたらなければどうということはない

機動戦士ガンダム第2話「ガンダム破壊命令」のシャアのセリフ。
目次[非表示]

実際の会話

「スレンダー、来たか。敵のモビルスーツの後ろへ」
「しょ、少佐、武器が違います。あの武器は自分は見ていません」
当たらなければどうということはない援護しろ」

概要

機動戦士ガンダム第2話「ガンダム破壊命令」のシャアのセリフ。
ビームライフル装備したガンダムに対して、シャアは部下と共にザクで戦いを挑む。
部下が初めて見るビームライフルに怯えるのに対して返答した。

前段階

これより前にシャアは部下数名を率いて、モビルスーツに乗らず宇宙服だけで敵地に潜入した。
発見されて宇宙空間脱出するが、アムロが搭乗するガンダムが追ってくる。
アムロは照準器に宇宙服を着ただけの生身の人間を捉え、迷った末にビームライフルを乱射する。
部下が恐怖するがシャアは宇宙空間に浮かびながら平然と言い放つ。
「あわてるな。下手に動くとかえって当たる。人間みたいな小さな目標に、そうそう当たるもんじゃない」
先のセリフはこの体験もあっての発言と思われる。

17年後

「赤い彗星の再来」と謳われるフル・フロンタルもまた、主人公機であるユニコーンガンダムと交戦し、圧倒的な威力を持つビームマグナムを前にシナンジュの性能と卓越した操縦技量でこれをよけながらかつてのシャアと同じ台詞を言い放った。

とはいえ

シャアに比べれば機体性能と操縦技量の劣る部下にしてみれば、
「少佐なら避けられるかもしれませんけど、ご自身を基準にしないで下さい」
と繰り言の1つも言いたかったかもしれない。
実際、この直後に部下(スレンダー)はビームライフルの直撃を受けて戦死した
(ちなみにこの時シャア本人もビームライフルの火力を目の当たりにして恐怖した。)

転じて、

「どんなに強力な攻撃でも命中しなければ問題ない」という意味合いで使われている。
ニュアンス的には「しなやす」に近い意味合いだが、「当たった時」に使われるのに対して、こちらは「当たらないことを前提」にして使われる。
セリフ自体は頻繁に登場することはないものの、実際に「装甲を犠牲に軽量、高機動化する」というコンセプトで開発されたMSもガンダムシリーズには多数登場しており、それらはこの言葉の理論に基づいた運用を想定している事が多い。
その極端な例が、『機動新世紀ガンダムX』のコルレルである。

pixivではR-18イラストで「若さゆえの過ち」を行ってしまったあと、
「当たらなければ(妊娠しなければ)どうということはない」と、自分に言い聞かせる免罪符。タグとしてはこちらの使われ方の方が多い。



ちなみに

また、かの戦闘のプロ「当たったところで、どうということはないぜ!」という発言をしたことがある。

関連タグ

シャア・アズナブル 若さゆえの過ち まだだ!まだ終わらんよ!
フル・フロンタル それが、大人の特権だ
デッドボール ドッジボール 中出し 妊娠 麻雀 河豚
直撃弾

関連イラスト

インコースの芸術的な避け方
幻想体育祭・ドッジボール3。
たまの失敗はスパイスかもね
仕込み

pixivに投稿された作品 pixivで「当たらなければどうということはない」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3402183

コメント