ピクシブ百科事典

当子内親王

まさこないしんのう

当子内親王とは、平安時代の皇族。名は有職読みで「とうし」とも

概要

長保3年(1001年)生まれ。父は第67代三条天皇、母は皇后藤原娍子(すけこ/せいし)
後に伊勢斎宮

優れた美貌の持ち主で、父帝鍾愛の皇女であったという。
伊勢の斎宮に卜定され、14歳で伊勢へ下向するが、
その際にも別れを惜しんだ父が振り返って見送る(禁忌とされていた)ほどであった。
17歳で父帝の譲位に伴い伊勢を退去、帰京する。
だが、間もなく内親王に藤原道雅との密通が発覚し、父三条院は激怒。
内親王の母や兄弟がとりなし、世間からも同情の声が上がるが聞き入れられず、
そのまま二人は引き裂かれてしまう。内親王は悲しみのうちに自らの手で落飾(出家)、
6年後に23歳の若さで逝去した

なお、この時道雅が内親王へ贈った別れの歌が、百人一首に選ばれている

関連タグ

平安時代 和歌 百人一首 藤原道雅 うた恋い。

pixivに投稿された作品 pixivで「当子内親王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75141

コメント