ピクシブ百科事典

影武者

かげむしゃ

影武者とは、大名などと同じ姿をさせた身代わりのことである。
目次[非表示]
  1. 戦国時代において、主君の身代わりを務めた武者。
  2. 転じて、権力者の身代わりを務めること、及びその人物。


概要

主に戦国時代によく見られたが、古今東西時代を問わず影武者は存在したとされる。

著名な武将大名など権力者の身代わりとして側に仕え、(ときには味方)を欺いたり、本人が死亡した際にそれを隠したりする目的で見られた手法で、写真がない時代では名の知られた人物であっても人々が顔を知っているとは限らず、有効な手段であった。よく知られた例としては武田信玄の死後、「3年間、(信玄)の死を隠す」という遺言を守るために信玄によく似た実弟・信廉を御簾のある病床に隠し、見舞いに来た他の大名の使者に生存を信じさせようとしたことがある。(しかし、その努力もむなしく生存を信じこませたのは北条氏政のみで、織田信長上杉謙信をだますことはできなかった)

江戸幕府初代将軍である徳川家康も、影武者として双子の兄弟を利用していたという仮説も存在し、それを題材にした小説作品も存在する。

現代でも影武者説は時折浮上することがある場合がある。
例えば北朝鮮金正日総書記はその死が公表される前から既に亡くなっており影武者を立てていた、というのがその最たる例である。

また、現代でもスキャンダルスクープなどでマスコミから追われる人間が
その追跡を振り切る、または撹乱させる為に影武者を用意するというケースが有り得る。

影武者を題材とした作品


関連イラスト

ミニマム影武者



関連タグ

戦国時代
 身代わり 偽物 そっくりさん

pixivに投稿された作品 pixivで「影武者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 198155

コメント