ピクシブ百科事典

御剣怜侍

みつるぎれいじ

「御剣怜侍」とは、ゲーム『逆転裁判』シリーズ、および『逆転検事』シリーズの登場人物である。
目次[非表示]

概要

逆転裁判』シリーズの主要人物、および『逆転検事』シリーズの主人公である。主人公成歩堂龍一のライバルという位置づけ。検事シリーズでは一条美雲が(押しかけ)助手となっており、直属部下の刑事糸鋸圭介や同門の検事狩魔冥らと協力して捜査を進めていく。

若き天才検事と呼ばれ、担当事件の法廷では無罪判決を許したことがない。一方で犯罪者を酷く憎み、有罪判決の為ならば手段を選ばないという悪評もある。成歩堂には彼が弁護士になる前から面識があるようだ。

冷静沈着にして頭脳明晰。しかし不器用でやや天然な一面もあり、他人と仕事以外の話をするのは苦手。責任感が強く、他人以上に自分自身のミスは許せない性格。

癖?

よく肝心な証拠品の建造物や置物の名前、果てには外人の名前をわざと違う名前で呼ぶことをきっかけに、間違えて覚えており、信じて疑わなくなってしまう変わった所がある。
このことを馬鹿にした成歩堂は、ムナグラを掴まれたらしい。

「さるまげどん」→「さるまげくん」
「アリフレッド像」後半から「ありふれた像」
「ポンコ」→途中から「タヌ子」

演じた声優俳優一覧

岩元辰郎逆転裁判』から『逆転裁判3』『逆転検事』『逆転検事2
竹本英史プロモーション映像、TGS特別法廷、ドラマCD、『レイトン教授VS逆転裁判』『逆転裁判5』『プロジェクトクロスゾーン2』『CR逆転裁判』
玉木雅士テレビアニメ逆転裁判 〜その「真実」、異議あり!〜』
斎藤工実写映画版
和田琢磨舞台『逆転裁判 ~逆転のスポットライト~』『逆転裁判2 ~さらば、逆転~』『逆転検事
七帆ひかる舞台『逆転裁判 -蘇る真実-』
悠未ひろ舞台『逆転裁判2 -蘇る真実、再び…-』『逆転裁判3 検事マイルズ・エッジワース』


経歴

(逆転裁判1第4話「逆転、そしてサヨナラ」・アニメ第8~12話ネタバレあり)















成歩堂龍一および矢張政志とは小学校時代の同級生であり、ある出来事をきっかけに三人は親友となる。その頃の御剣は、弁護士である父親・御剣信のような弁護士を目指していた。

【逆検2】敏腕弁護士と子供達(笑)


(イラスト左下は幼少時代の御剣怜侍。その右が幼少時代の成歩堂龍一)

しかし、父親は9歳の時に共に巻き込まれた「DL6号事件」で死亡した。この時、地震の影響で停止したエレベーター内に5時間以上閉じ込められた上に父を喪ったトラウマで地震が苦手になってしまった。その裁判で容疑者だった男が無罪になったことから、父を殺した殺人犯、ひいては犯罪者の味方にはなれないとして検事を目指すようになる。

アニメでは父親以外に身寄りはいなかった事が語られており、事件後間もなく引き取りを申し出た狩魔豪に引き取られ、以後彼のもとで育った事が判明する。「DL6号事件」の後に転校したため、成歩堂達とは長い間会っていなかった。その後は伝説の検事と呼ばれる狩魔豪に師事し、弱冠20歳で検事になった(当時最年少)。師匠の娘であり、昔から共に検事を目指してきた狩魔冥とは義理の兄妹のような関係にあたり、血の繋がった家族がいない彼にとって唯一の家族とも呼べる存在である。

当初は、師匠の豪と同様に証言の操作など強引な手段を使ってでも有罪判決を勝ち取ろうとするスタイルで、検事局始まって以来の天才と持て囃される一方で不正疑惑などの黒い噂が絶えなかった。大学の芸術学部時代に御剣の悪評を耳にした成歩堂は舞台俳優への道を捨て、御剣と再会してその真意を問うために弁護士を目指すことになる。一方で、この頃に無実の罪で逮捕された糸鋸圭介を救い、長年に渡って協力して事件捜査を進めることで絶対の信頼を得ることにも成功している。

若き天才検事として活躍を続け、成歩堂龍一と対決するまでは一度も無罪判決を出したことがなかった。弁護士となった成歩堂と法廷で再会し、むちゃくちゃながらも被告人の無罪を信じて真犯人を追求する姿を目の当たりにすることで、その頑なな心境に変化が起き始める。自分が被告人になり、最大のトラウマであった「DL6号事件」の真相が判明し、成歩堂に救われたことでさらに大きく変化。そのまま「検事、御剣怜侍は死を選ぶ」という言葉を残して法曹界から姿を消す。次に登場した時には、勝ち負けよりも真実を追求することを優先するスタイルに変わっていた(逆転裁判2)。それからは検事局最高の天才検事と評価されるようになり、成歩堂最大のライバルとして、あるいは自ら主人公としても活躍を続けていく。

逆転裁判3の直後に、父の死や狩魔一族、糸鋸刑事との因縁を巡って国際的な密輸組織の陰謀と戦う(逆転検事逆転検事2)。この時には既に勝ち負けよりも真実を追求することを優先するスタイルをとっており、これによって信楽盾之と和解する。また、この「真実の追求」の為に自ら「検事バッジ」を返却するという大胆な行動も見せた。最終的に検事バッジはまた御剣の元に戻った。また、信楽の「父の意思を継いで弁護士にならないか」という誘いを断り、「自分は検事として真実の追求と法曹界の闇に立ち向かっていく」という決意をしている。

さらに8年後の世界が舞台となる逆転裁判5では、逆転検事2の1話にセリフのみ登場した当時の検事局長から一目置かれていたこともあり、34歳の若さで地方検事局のトップである検事局長になっている。6ではその後、不正を行った検事達を一掃した事が語られている。

私生活

トノサマンのファン(当初このような設定はなかったが、攻略本掲載漫画で扱われたことから公式化した)で、六法全書に偽造したトノサマン大百科を持ち歩いている。
他には紅茶チェスが好きで、その趣味は父・御剣信と共通している。
子供の頃から文武両道だったが手先は恐ろしく不器用で、小学生の頃は折り紙のツルさえまともに折れなかったらしい。
また、成歩堂と同様、携帯電話はかなり古いタイプを使用している(カメラ機能すらないほど古い)。

派手な服装通り、執務室も貴族みたいな調度品になっており、プライベートも貴族的なイメージのまんまらしい。
趣味にはとことん金をかけるようで、紅茶はイトノコ刑事の一ヶ月分の給料より高い特注品(もっとも、イトノコ刑事の給料は御剣らに下げられまくっているせいでかなり安いのだが)。
車は真っ赤なスポーツカーを所有している。反面、無駄な出費は例えガム一つだろうとしない。

上述のように「DL6号事件」のトラウマから地震が苦手で、地震が起きると床にうずくまって震えたり、酷い時は失神や呼吸困難を起こす。またエレベーターも事件の影響で苦手としている(乗れないわけではない)。逆転検事では飛んでいる航空機の中の揺れでもトラウマの影響で気絶してしまい、そのせいであらぬ疑いをかけられた。

だが実写映画版では密室の資料倉庫、アニメ版ではDL6号事件発生の原因が停電に変更されているため、いずれにおいてはこの設定は事実上消滅している。

容姿

身長178cm。真ん中で分けた髪に端正な顔立ちをしており、女性受けが非常にいい。
考え事などをするときは腕を組むことが多い。
相手に余裕を見せるときや、相手を追い詰めるときは両手を広げ「やれやれ」といったポーズをとったり、顔の前で人差し指を立てて振るなど、ライバルの弁護士と比べると優雅なイメージを持つ仕草が多い。
が、そこは逆転裁判。うろたえると他のキャラの例に漏れず顔芸を披露する。

逆転毛布


(過去の事件以来、地震が苦手)

服装はワインレッドのスーツの前を開け、中に黒いベストを着ている。クビに白いクラバット(通称ヒラヒラ)を巻いているのが特徴であり、成歩堂と比べ幾分派手な服装と相俟って、そのヒラヒラは作中でもよくネタにされる。ちなみにこの派手なファッションは狩魔一族の直伝で、本人も誇りに思っており、スタッフによればクラバットも狩魔家お抱えのデザイナーによるオーダーメイド製とのこと。

ちなみに、検事バッジは付けておらず、ポケットに入れている(「逆転裁判」の世界では、検事バッジは付けない方がオシャレであると狩魔豪が広めたため)。もっとも逆転検事2での一条美雲の証言によると、相棒に検事バッジを見せびらかすのは大好きなようで、その辺りは青くトガったマブダチと同類である。

デビュー当時は、師である狩魔豪張りに装飾が多い中世貴族のようなド派手な服装であり「あれでも年々地味になってきている(成歩堂評)」らしい。髪は現在と比べやや短く、瞳は大きめで若々しい。

御剣さん達

(イラスト左)


逆転裁判2』の空港のシーンでは黒いコートを着用していた。

御剣




逆転検事』シリーズでは衣装に変化は無い。
逆転裁判5』ではスーツの裾がロングになり、メガネをかけている。

眼鏡…!!!



髪色は黒~灰色で塗られる事が多いが、岩元氏のイラストではやや茶色掛かっているものもある。
ちなみに父親である御剣信の髪色は担当デザイナーの岩元氏によると「ロマンスグレー」とのことである。

関連イラスト

逆転検事
受け入れよう現実




関連タグ

逆転裁判 逆転検事 逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧
成歩堂龍一 矢張政志 糸鋸圭介 狩魔冥 一条美雲 御剣信
信楽盾之 宝月茜 宝月巴 大場カオル トノサマン

pixivに投稿された作品 pixivで「御剣怜侍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7932578

コメント