ピクシブ百科事典

忍術学園全員出動!の段

にんじゅつがくえんぜんいんしゅつどうのだん

2011年3月公開の劇場版『忍たま乱太郎』のサブタイトル。
目次[非表示]

概要

pixivでは本作に関するイラスト・漫画に付けられるタグとして機能している。
2011年3月12日に公開された、アニメ『忍たま乱太郎』の長編映画第2弾。
1996年6月29日に公開された映画第1弾から、実に15年ぶりの映画化となった。

サブタイトルの通り出番の多少や台詞の有無はあれど、忍術学園の関係者はほぼ全員登場。
ストーリーは、原作コミック『落第忍者乱太郎』の37巻と42巻を融合させたものとなっており、既にTVシリーズでアニメ化されているため、この作品は一言で言うと、リメイク版である。
子ども向け作品ながら、ストーリー展開は非常に丁寧で話のテンポもよく、一作の映画として十分に見ごたえのある作品となっている。また原作以上に主人公の乱太郎にスポットが当たっており、激しい戦いの中で彼なりに自分の役割を見つけそれを果たしていくという姿が描かれている。メインキャラクターの活躍以外にも作中に所々さりげなく出てくる、後輩を気遣う上級生達や身を挺して生徒を守る教師の姿は胸を打つものがある。

公開前日となった、2011年3月11日、東北地方を襲った東日本大震災の影響で、東日本を中心に休館に追い込まれたり、上映期間の短縮を余儀なくされたため、興行的に失敗という結果に終わった。

あらすじ

夏休みが終わり忍術学園へ登校した乱太郎きり丸しんべヱの3人は
クラス委員長の庄左ヱ門から生徒間での夏休みの宿題の入れ違えがあったと聞かされる。
クラスメイトで未だ登校しない喜三太を心配する一年は組であったが、
なんと六年生用の宿題である「オーマガトキ城への潜入および城主のふんどし奪取」の任務が
喜三太に課せられており、どうやら喜三太はオーマガトキに捕まってしまったのだと言う。

時を同じくして、園田村の乙名(村長)が学園長の下を訪ねていた。
オーマガトキとタソガレドキの戦により村が危機に瀕しており、忍術学園に手を貸してほしいと言う。
聞けばどうもオーマガトキとタソガレドキの戦には裏がある様で…。

喜三太救出のため、そしてオーマガトキとタソガレドキの陰謀を暴くため、
忍術学園を総動員した大作戦が始まった。

スタッフ・キャスト

声の出演

レギュラー


その他の生徒・学園関係者


ドクタケ


その他


特別出演


タソガレドキ


スタッフ


関連イラスト

ぼくたちのもてる輝き!
映画公開記念!



関連タグ

忍たま乱太郎 リメイク 2011年 東日本大震災
雑渡昆奈門 善法寺伊作 鶴町伏木蔵 山村喜三太

外部リンク

映画公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「忍術学園全員出動!の段」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1494816

コメント