ピクシブ百科事典

志々尾限

ししおげん

志々尾限とは、「結界師」のキャラクターである。
目次[非表示]

概要


年齢14歳
職業結界師
所属烏森学園2年1組/裏会/実行部隊『夜行』
能力妖混じり・統合型
特技鼻が利く
嫌いな物甘い物・風呂
苦手な人亜十羅
CV宮下栄治/田中真弓(幼少時代)

妖混じりの統合型の14歳の少年。結界師補佐役として烏森に派遣され、烏森学園中等部2年1組に編入する。
幼少時から近所の子どもたちや暴力的な実の兄たちからいじめ(虐待)を受け続け、その抵抗のためにふるった暴力のせいで両親からもに疎まれるが唯一姉の涼のみが優しく接していた。(両親は上の兄達の彼への虐待に気付いていなかった。)

その後、妖混じりとしての能力が目覚めて近所の子供や兄たちを傷つけてしまい、それが原因で限の裏会入りを両親が決め、涼が承認したことで自分が皆から拒絶されたと思い覚醒。翡葉をあっさりと倒し、自身を心配して追ってきた姉の涼を傷つけてしまう。その後、墨村正守と交戦し、裏会に連れて行かれる。そして体に妖混じりの能力を制限する炎縄印を刻まれ、夜行に入った。以上のような経緯により、思考は常にネガティブ。妖混じりである事にトラウマを持つが、同時に自らの能力が存在意義となっている。人付き合いが苦手で常にそっけない態度をとり、夜行の中でも学校でも孤立しているがただし、一部の女子からは人気がある。(アニメでは高校生がファンクラブを作っていた。)

行動は大胆だか本当は繊細で真面目で思いやりがある純朴な少年。
良守には苦手であるにも関わらず甘いものを食べたり、時音とは仲良く見えると発言するなど、不器用ながら優しい一面を見せる。
自分が特別な存在ではなく生きていける世界を示した正守を尊敬しており、正守も使命がなければ生きられない限を理解し、彼の成長に必要な任務を与えていた。
裏会入り後、姉の涼は何度も手紙を送るも限は手紙を受け取りを拒否しており一度も開けていなかった。(正守は彼の心の整理がついたら渡すつもりだったらしい。)

黒芒楼の最初の烏森への総攻撃の際、牙銀の圧倒的な力に完全変化を決意する。そのとき、良守の言葉で心の迷いがなくなり、完全変化を遂げても自分を保つことができた。そして良守や時音と共に牙銀を追い詰める。
しかし、後一歩の所で火黒の奇襲によって致命傷を受けて死亡してしまう。
この出来事が良守の黒芒楼打倒への思いを強くさせた。

後に真界で良守の想いによって出現し、宙心丸の遊び相手となるよう頼まれた。

関連イラスト

限/良守
げんげん



関連タグ

結界師

pixivに投稿された作品 pixivで「志々尾限」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115036

コメント