ピクシブ百科事典

恋愛暴君

れんあいぼうくん

コミックメテオ連載の漫画作品。
目次[非表示]

概要

三星めがね原作、COMICメテオ連載の漫画作品。
2017年春アニメとしてアニメ化

あらすじ

ある日突然、男子高校生・藍野青司のもとに
任意の二人を強制的にキスさせるという
不思議アイテム「キスノート」を持った
死神風の少女・グリが現れ、
“24時間以内にキスしないと書いた者(グリ)は死に、
書かれた者(青司)も一生童貞のまま生涯を終える”
と告げ・・・。

愛のキューピット(?)グリと青司と
その仲間たちが“キスをする相手”を求めて
繰り広げるハイテンションラブコメディに
あなたもきっと恋がしたくなるはず(!?)。
(公式あらすじより)
デスノートならぬ、キスしなければならなくなるキスノートを見つけるのが、ポイント。

主なキャラクター

声優はアニメ版の声優。
グリ(CV:青山吉能)
青司にキスノートで脅迫?した張本人。
死神風のコスプレをした、愛のキューピット。性格は傍若無人な腐女子で他人を騒動に巻き込むトラブルメーカー。キューピッドとカップリングした人間は不死身となる。ちなみに、不死身と言っても痛覚は残り、病気になるなど健康が保証される訳でもないの。
藍野青司(CV::小野賢章)
グリの問題に巻き込まれた男子高校生。
グリのファンの声優と名前が一字違いと言うひょんなことでキスノートの騒動となりグリ、茜、柚とカップリングになってしまい、不死身の体になってからは(刃物などで物理的に)痛い目に遭う日々を過ごす羽目に。
所謂「巻き込まれ体質」で、騒動溢れる恋人たちに振り回され時に痛めつけられつつ、なんだかんだで付き合いが良く、ツッコミ以外では人に対して滅多に怒ったり恨む事もない。特にトラウマになりかけた樒とも対話の余地を残している度量の広い少年。ただ、不死身である以外は普通の人である彼の周辺は、訳アリで常識外れの身体能力を持つ人物ばかりのために恋人以外では神様以外、彼の人柄は中々評価されていない。
緋山茜(CV:沼倉愛美)
青司が片思いしていた美少女女子高生(過去形になったのがポイント)。青司の最初のカップリング相手。
表面的には柔和に見えるが、実際は他人への興味が希薄で受け流しているだけの一方、恋愛に全てを捧げる嫉妬深いヤンデレで、青司の周りの女性には躊躇いなく刃物を振り回し(青司の妹のあくあは、未来の家族と言う事で例外)、超人的な身体能力を持つ。また、花嫁修業も欠かす事はなく、趣味は料理と刃物研ぎ
ヤンデレである一点(このハードルが高すぎるのだが)を除けば内面は健気で一途、家事やスポーツ万能、外見は巨乳でスタイルの良い美人で申し分ない美少女である。ヤンデレでさえなければ...
唯一の救いは、ヤンデレによくある、相手が手に入りさえすればと監禁や殺してでもなどと考えず、飽くまで結婚して幸せな家庭を築きたい、青司の家族とも仲良くし、邪魔と思ったりしないと言う思考でぶれないこと。でも、八つ当たりで刺される。
黄蝶ヶ崎柚(CV:長野佑紀)
茜の異母姉妹。
姉である茜を溺愛しており、加護があるというわけで、青司のカップリングに加わることに。
黄蝶ヶ崎の力でバリアを張る能力を持ち、茜の攻撃も防ぐ。バリアは中と外の境界線をスッパリ切断する(トラックに轢かれそうになった際に前面から運転席をバリア型に抉っている)など、意外に危険なもの。
カップル内では比較的常識人だが、わがままお嬢様の一面があり、グリほどではないが他人を振り回す。臆病な面こそある物の、頑固。
白峰樒(CV:原由実)
茜&柚の従姉妹。
茜たち姉妹の重要な秘密を握っている。緋山家の雑用(恐らく汚れ役)を務め、変装が得意。
ぶりっ子染みた物腰で「奪う」事が大好きで、性に対する垣根が低く、しかもドSと通り越して他人を刺したり傷付ける事が愉しい作中でもかなりぶっ飛んだ思考と嗜好の持ち主。かと言って、刃物で切られるのも気持ちよがるど変態。
最初の登場時以外は青司とは明確なに敵対者にならないが、かと言って味方でもなく騒動に人を巻き込み巻き込まれるトリックスターと言う方が正しい。
最初は茜の相手と言うだけで奪うだけの対象だったが、不死身で傷付けまくれる事に興味を抱き、キスなど相性が悪くない様で段々と青司を気に入っていったらしく...
藍野あくあ(CV:高橋李依)
青司の妹。
空手が趣味のスポーツ少女。青司のことは毛嫌いしている様子だが、実は反抗期で距離の取り方がわからないだけで根は慕っている。空手を始めたのも、テレビの女性格闘技番組で「強い女の人が好き」と言う青司の言葉がキッカケ。
この手のハーレムもののお約束である「近親相姦思想がある妹」ではなく、飽くまで普通の兄妹愛の範疇に留まっており、とある出来事から茜を青司の恋人と認め、態度は軟化している。
コラリ(CV:檜山修之)
天使。グリの上司でいわゆるチュートリアル的存在。
非常にくどい顔の持ち主で、対面するほとんどの人が悲鳴をあげるほど。外界に降りる時は、藍野家の飼い猫ブルーに取り付いている(人面猫の姿になる)。天使なので人間を下等な存在と認識しているが、話が通じるので、青司の周囲の騒動には手を貸してくれる(猫の身体なので、役に立たない事は多いが)。
神様(CV:大塚芳忠)
この世界の神様。
グリのパパ。非常に軽い人だが、なんだかんだで「親」であり、青司の人柄を認めてグリの為に頭を下げている。
魔王(CV:子安武人)
地獄の魔王。
神様とはある縁で知り合いだったりする。グリを次期魔王にするべく暗躍し、一度はグリを悪魔の身へ堕とす事に成功させるものの、グリは天使へと戻ってしまう。しかし、次に樒の悪意に目をつける。
総理と議長
第1話でグリにキスノートの効力を証明するためにカップルとなってしまった2人。国会中継で突如キスをしている。原作では、彼等のその後も背景などでちょくちょく登場している。海外で議長が性転換して同性婚を果たしており、話題を掻っ攫ったためか、テレビでも話題のカップルやおしどり夫婦として注目されている。

関連タグ

キューピット BL 百合
ネットスラング・・・多用されているネタ

pixivに投稿された作品 pixivで「恋愛暴君」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83705

コメント