ピクシブ百科事典

悪代官

あくだいかん

1:悪い代官。時代劇では最後に印籠を突き付けられるか成敗される。                         2:1をモデルとしたグローバル・A・エンタテインメントから発売されたゲームシリーズ。

悪代官(1)とは、立場を悪用する代官
まあ実在もしたと思われるが、不正が発覚すれば処罰がかなり厳しかった事や悪事を働く暇もないほど多忙であったことから、それほど多くは無かったとされている。
むしろ、「上」の意向を受けて正当な立場から苛烈に税を取り立て、私財を肥やさずキッチリ上納していくタイプの「民衆から見た悪代官」(上司からすると有能な代官)の方が当時は多かっただろう。
もっとも、水戸黄門や暴れん坊将軍など、政権のトップが悪代官を成敗するタイプの時代劇ではこんなリアルな悪代官を出したらマッチポンプもいいところなので「末端の暴走」型の方がメジャーである。

しかし、時代劇には悪役として欠かせない存在である。
越後屋と結託して悪事を働く。好物は山吹色の菓子で、特技は帯回し
どうでもいいが、かの有名な水戸黄門で成敗された悪代官の数を累計すると、江戸時代に任命された代官すべての数を上回るらしい。
だが、名称が変わっているだけで、だいたいは顔が似た人だったりする。

悪代官「お主も悪よのう」
越後屋「いえいえ、お代官様ほどでは」
というやり取りが定型文のように知られているが、これは悪代官役者として有名だった川合伸旺が、のど飴のCMに出演した際、アドリブで放った台詞が大ヒットして広まったもの。
実際の時代劇で使われたことはほとんどない。

現在の汚職公務員等を例えて言う場合もある。

悪代官(2)本来なら悪役としてさっさと成敗されてしまう上記の悪代官を主人公に置き、
悪徳商人と協力して懲らしめに来る正義の味方を撃退していくことを目的としたゲーム。
コンセプトからバカゲー臭が漂うが、本編ムービーもかなりはっちゃけている。
用心棒を配置して侵入してくる敵を迎撃するという、いわゆるタワーディフェンス形式であり、これに近いコンセプトのゲームに勇者のくせになまいきだ。が挙げられる。

関連タグ

悪役 代官 時代劇 江戸時代 お約束 
山吹色の菓子 帯回し 悪徳商人 越後屋
よいではないかよいではないか
お主も悪よのう

pixivに投稿された作品 pixivで「悪代官」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 242339

コメント