ピクシブ百科事典

我愛羅

があら

我愛羅とは、『NARUTO』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

階級&隠れ里風影(第二部)、砂
忍者登録番号56-001
誕生日1月19日
星座やぎ座
血液型AB型
身長148.1cm(13歳)→166.1cm(16歳)
体重40.2kg(13歳)→50.9kg(16歳)
好きな食べ物砂肝タン塩
嫌いな食べ物羊羹マロングラッセ
戦ってみたい相手里を守るためなら誰とでも戦う(第二部)
好きな言葉自愛(13歳)→慈愛、未来(16歳)
趣味戦闘(13歳)→サボテン栽培(16歳)
声優石田彰


概要

四代目風影の息子で、3つ上の姉テマリと1つ上の兄カンクロウがいる。出生時に、風の国の兵器として「守鶴」(一尾)を憑依させられた人柱力

母親・加流羅加瑠羅)の命と引き換えに生を受ける。守鶴の力を制御しきれず、里の人間から恐れられ、実父・四代目風影からも幾度となく刺客を差し向けられる程、疎まれた孤独な幼少期を送った。
唯一、叔父(母の)の夜叉丸にだけは心を開き、彼の前では子供らしい明るい表情を見せることもあったが、実は夜叉丸は姉の仇として我愛羅を憎んでいた(その一方で、我愛羅への慈しみと四代目風影の命令で板挟みになっていた模様)。夜叉丸に命を狙われるも返り討ちにした際、真実を知って絶望して以来全ての人間を恨むようになった。
しかし、ナルトとの戦いで、他者との繋がりは憎しみと殺意だけでしかなかった我愛羅は、同じ孤独な心の闇を知るナルトと理解し合う。冷酷で利己主義な性格だったが、ナルトによって少しずつ心を開き、自らの憎しみを乗り越え五代目風影となった。
険悪だった兄と姉のとの仲も良好に改善され、二人のサポートの元、里をまとめる長として努力の日々を送っている。

額の「愛」の文字と、巨大な砂の瓢箪を背負っているのが特徴。額の「愛」の文字は、人間を恨んでいた当時「自分だけ愛する」と言う意味の証として自ら砂で刻んだもの。

一尾に取り憑かれたことから情緒不安による慢性的な不眠症を抱えているため、目の周りには大きな隈が出来ている。後にによって一尾は抜かれたが、隈は消えていない。作者曰く、「一度染み付いたものは取れない」との事。

第四次忍界大戦では前線指揮官として赴き、依然として心を一つにさせられない他里の忍達に己の未熟さを含め説き伏せて導くなど、若年ながら高いカリスマ性を見せ、穢土転生した父親との確執をも乗り越え、大戦終結のために貢献した。

大戦終結後、推定10年もの間風影として里を取り纏めており、姉がシカマルの妻として木ノ葉に嫁いだ事もあり、の善き叔父として優しく接しているようで、その際に護衛も兼ねてなのか我愛羅の兄であるカンクロウも同行を共にしていた。

関連イラスト

砂縛牢
風影さまはぴば


レッツ衣替え
我愛羅我愛羅我愛羅


関連タグ

NARUTO 砂隠れ
テマリ カンクロウ 夜叉丸 
我愛子
我マツ
雨隠れのおじさん-シグレに対しての台詞

pixivに投稿された作品 pixivで「我愛羅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9789996

コメント