ピクシブ百科事典

戦犯とは『戦争犯罪人』の略である。

概要

本来の意味をおおまかに言えば、戦争中に国際法に抵触する犯罪を犯した者の事を指す。具体的には捕虜虐待、民間人殺害、毒ガス兵器使用などである。

日本においては極東国際軍事裁判(いわゆる東京裁判)で裁かれた東條英機などが有名である。なお戦犯をA級、B級、C級と分けられているが、これは罪状の種類によって分けられたもので罪の重さで決められたものでは無い(大将級軍人や首相など開戦時指導者が主な被告になったためのイメージ流布である)。

実際、軍人としてごく標準的な行動しかしていない者でも戦犯に問われ処罰・処刑された者も多く、中には笹川良一のように戦争に反対していたにも関わらず、連合国にとって好ましからざる思想を持っていたという理由で逮捕投獄された者もいる(笹川の場合はさすがに不起訴処分になったが)。その一方、牟田口廉也のように作戦失敗によりおびただしい部下を無惨に死なせていながら全く罪を問われなかった者もおり、あくまで連合軍側の都合による分類や逮捕であることを考慮すべきであろう。

東京裁判については今日、賛否両論的な議論がされるが、ここでは詳細は扱わないこととする。知りたいなら自分で調べるべきだろう。

今日広まっている「戦犯」

今日では主にスポーツ試合などでの敗因となった選手、監督を指す言葉としても定着している。その中でも主犯と言える対象を「A級戦犯」として言われることがあるが、本来の意味からすれば誤用的な使われ方をされる。

最近ではその範囲も拡大しており、TV番組(アニメ)や映画、ゲームといった複数の人間によって作られる作品において、それが不振という結果に終わったり、何かしらそれを見たり買ったりした消費者の反発を呼ぶ事態が発生した場合、その制作に携わった関係者(だいたい監督やプロデューサーなどの責任者を指すことが多い)を「戦犯」と形容する一種の揶揄的な意味を持つネットスラングとして使われることもある。

pixivに投稿された作品 pixivで「戦犯」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62072

コメント