ピクシブ百科事典

戦闘糧食

せんとうりょうしょく

軍隊が作戦行動中や戦闘中にとる携帯型の食糧のこと。ここでは自衛隊で使用されている軍用携行食である「戦闘糧食」について解説する。
目次[非表示]

概要

一般的な軍隊で言うコンバット・レーションと呼ばれる携帯食糧。
缶詰が主体のⅠ型と、レトルトパウチが主体のⅡ型の二種類がある。
全体がオリーブドラブに内容物を示した文字だけという簡素な見た目をしている。
主食であるもち米を混ぜたご飯物を中心にした構成。

味付けは隊員向けに少々濃い目になっているが、一般の食品メーカーによる製造なので、味には定評がある。自衛隊の中では基本食の中の非常食に分類されている。

演習・任務中に食されることを前提としているため、一食あたり1,000kcalほどとカロリーは高め。

戦闘糧食Ⅰ型

缶詰の戦闘糧食Ⅰ型は空輸したのち落下傘投下に耐えられるように作られているため衝撃に強く、また賞味期限が長い(保存期間3年)というメリットがあるが、湯煎による温めに時間が掛かることや、持ち運びにかさばるというデメリットが存在するものの、現在も長所を理由として後述のⅡ型と併用されている。
強度を重視してイージーオープンエンドではない為に缶きりが付属しているが小さい為に使い辛く、別に缶切りを用意している隊員は多い。
現在のものは形状が変更され、主菜と副菜の缶の直径が同一となることで積み重ねをしやすくしている。
主食の缶は上側の接合部だけでなく下側のふちも塗装されない仕様に変更されている。
また、主食の缶は直径の変更はないが高さが減らされて小型化しており、主菜と副菜の缶は3ピース構造から2ピース構造にすることで軽量化されている。

メニューは主食は白飯、五目飯、赤飯等、主菜と副菜は味付けハンバーグ、牛肉味付け、コンビーフベジタブルなど様々。Ⅰ型の中でも最も好評だったたくあん漬は製造メーカーの倒産により一時消滅していたが、別の会社が生産を引き継ぎ、復活した。
ちなみにこのたくあん漬、普通に売られているものと違い専用に栽培された細い大根を用いて長めに輪切りにしたものが唐辛子及び昆布と共に缶に入っており、食感が少し異なる。

ちなみに乾パンは袋入りだがセットとなるウインナーソーセージが缶入りの為にこちらに分類されている。
(乾パンは主菜扱いのようで、ウインナーソーセージが主食の缶となっている)
保存期間の内、最初の1年目は全国の補給所に、2年目は各駐屯地に備蓄され、3年目に訓練や演習などで消費されるシステムを取っている。
通称カンメシ

戦闘糧食Ⅱ型

レトルトパウチの戦闘糧食Ⅱ型は比較的軽く、携行性にすぐれているものの、耐久面ではⅠ型に劣る。

湯煎に関してはカンメシが約25分と長かったのに対して10分ほどに短縮されているほか、バリエーションがⅠ型に比べて格段に増えており、中華丼(現在は休止中)や筑前煮、カレー、ハムステーキといったものから、サンマ塩焼きの生姜煮、まぐろステーキのようなものも存在する。
こちらもたくあん漬があるが、薄切りの大根を用いたはりはり漬となっている。
体積が嵩張らない為にポケット等に入れる事もでき、重量も軽く、後処理も楽な上にご飯パックに関しては歩きながら食べる事も出来る、冷え切っていても食べやすい(缶のご飯の場合は冷え切っていると割り箸が折れるほどに硬く食べにくい)などの理由から、味が上回る(といわれている)カンメシよりこちらを好むという隊員は多いという。
保存期間は1年。
通称パックメシ

2000年より使い捨て懐炉型と加水型の簡易加熱剤が用意されている。
使い捨て懐炉型は一食分すべてを暖める為に一つでは不足、乾いたタオルで包むなど熱を逃がさない工夫が必要と、使う際には注意が必要なものとなっている。
加水型はMREや市販品のヒートパックと同様だが、MREの加水型ヒーターと比べて高い熱を発するものとなっている。
後に加水型は更に熱量のある新型が採用され、主食パックだけでなく主菜パックも同時に暖める事が可能となった。
これらの採用により主食パックを事前に温めておく必要がなくなった。

ちなみに、カンボジアにおけるPKO活動の際、共に派遣された軍隊同士のレーション食べ比べコンテストで見事1位になったのがこのパックメシである。余談ながら、ビリになったものはほとんどの人が想像するアレである模様。

ほかにもいろいろ

演習時や夜間特別勤務時等には増加食と呼ばれるものが支給されることもある。
増加食にはカロリーメイトなどの栄養補助食品やカップラーメン、ゼリー飲料、果物に加え、チョコレートなどの菓子が用意されている。
自衛隊にはこれらのほかに、ナトリウム欠乏症を防ぐための塩分補給を目的とした梅干を固めたタブレットや、緊急時に脱出した戦闘機パイロットや艦船の乗組員向けの食糧なども存在する。
後者には、遭難者を励ます一文(『がんばれ!元気を出せ!救助は必ずやってくる!』)が入った説明文と数日分の食糧が入っており、隊員等からは『がんばれ食』という通称で呼ばれている。

諸注意

演習の際には加熱してアルファ化しないと消化し辛いご飯のみが暖めて渡され、それ以外は常温のままになっている事が多い。(最も実際に食べる際はさめている事が殆どのようだが、アルファ化はされている為に一日程度であれば消化は問題はない)
そのため、暖められたものの誰も食べずに持ち帰られて再度保管され、次の演習の際にまた暖められる缶もあるとか。
何度も暖めなおされたものは中身のもち米部分が酷い状態となっており、味はともかく食感が酷く、非常に食べづらいとの事。
透明な主食パックとなっているII型の場合は中身がわかるが、缶のI型の場合はまず判らない為にこのようなはずれご飯に当たり酷い目にあう事があるとか。

なお、これらは税金によって購入された官給品であるため本来の目的以外の使用は横領に当たり、演習で出されるも未開封のものを持ち帰ったりするのは禁じられており、基地内での隠匿はおろか転売や譲渡は勿論、自宅への持ち帰りすら禁止されている。
よって一般人には基地や駐屯地のイベントでの試食会のほかでは、災害時の緊急援助以外まず口にすることは出来ない。
ただし、製造元の食品メーカーが同じものを味付けとパッケージを変え、カロリー(700~800kcal程)を抑えて一般販売していることが多いので、興味があれば探してみるといい。

艦これの戦闘糧食

2015/08/10アップデートにて実装された消費型アイテム。
戦闘開始時にランダム発動、装備した艦娘及びその隣接する艦娘の戦意高揚効果を持つ。要するに携帯型のミニ伊良湖。メニューの内訳は俵型のにぎりめし3個とたくあん3切れ(しかし、装備の種別アイコンは三角形のにぎりめし(海苔付き)となっている)。
実装当初、「「戦闘糧食」を護衛退避中に食す(運営談)」という、ほほえましいバグが見られた。退避するにも腹が減る(護衛退避した艦と護衛の駆逐艦は、疲労度が最大値になる)から、我慢できなかったのだろうか。現在は修正済。

退避曳航途中でおにぎり食うな!!!


護衛退避中の銀蠅行為を捉えた一枚。

なお、夏イベ後に追加されたマンスリー演習任務でも1個入手することができるが、消費アイテム故の使いどころの難しさもあって貧乏性の提督の装備アイテム欄を圧迫する悩みのタネでもある。(特に2015年夏イベで大量に手に入ったため「またおにぎりかよ!」という声が多数聞かれた)
2016年4月のアップデートで、残っていればボス戦前に任意で発動できる機能が実装された。これで「ボス戦に備えて装備させたのに使ってくれなかった」ということが防げるようになった。

ちなみに装備廃棄すると燃料が1手に入る。バイオマス燃料か何か?

関連タグ

食事 自衛隊 缶詰
MRE 乾パン
日清食品:増加食のSDFヌードルの製造元。

外部リンク

THE戦闘糧食

pixivに投稿された作品 pixivで「戦闘糧食」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 376879

コメント