ピクシブ百科事典

擬獣化

ぎじゅうか

人間や機械などを獣人や四足のケモノなどの動物にすること。 耳や尻尾をつけただけのいわゆるみみしっぽとは明確に区別される。
目次[非表示]

概要

何らかの事象を動物に見立てて表現すること。
主に哺乳類になっているものを示すが爬虫類や鳥類、場合によってはサメなどの魚類やドラゴン等の架空生物になっているものも「擬獣化」の内に含むものとされることがある。
人間個人の場合、ゼロからの創作では動物の擬人化の側面が強くなるため、既存のキャラクターの二次創作の場合のみこのように呼ばれることが多い。
この他、機械や自然現象、職業などを動物に見立てる場合もある。

ケモノジャンルにおいて、主にケモノと認識されるものが専ら「擬獣化」とされる傾向が強い。(詳しくはケモノの項目参考)
明確に言えば比較的動物度の高い獣人四足のケモノになっているものが擬獣化とされ、
耳や尻尾をつけただけのもの、手足が動物になっているだけのものは別物とされることが多い。→獣耳
獣耳よりも獣度が高く、しかし顔は人間のままである場合は半獣化とされることもある。
中には首から下のみが獣になっている首下獣化なんてものもある。

人物の擬獣化の技法

1.キャラクターの職業やイメージからの見立て

例・警察官>警察犬(ジャーマン・シェパード等)
気弱キャラ>草食小動物 強気キャラ>肉食動物

2.キャラクターの出身と原産地が同じ動物への見立て

例・アニメ名探偵ホームズでは、登場人物はイギリス原産の犬種をモデルに擬犬化されている。

3.キャラクターの氏名やあだ名、コードネームに使われている動物への見立て

例・FF8のスコール・“レオン”ハート>ライオン

4.既存の動物キャラのデザインをテンプレートとした見立て

例・豆しば ポケモン
動物モチーフではあるが明確な擬獣化とは別とされる場合もある。
海外ではライオンキング(ライオン化) Balto(ハスキー・化) スピリット(リアルめなデフォルメの化) マイリトルポニー(カートゥーンデフォルメの強い馬化)がメジャーなモチーフであり、擬獣化作品の中核をなしている。

5.海外における「擬獣化」の名称について

現在海外では特に「擬獣化」に当てはまる一つの単語はなく、
(というのも欧米をはじめとした海外ではケモノジャンルが日本以上に遥かに人口も規模も大きいために、
版権キャラの擬獣化イラストがもはや一般的な二次創作のジャンルとしてごく当たり前に行われていることによる。
日本において版権キャラに獣耳や尻尾を付けた絵に対し「○○化」のような特定の単語が使われることがほとんど無いのと同じ。)
擬獣化に該当するイラストは単純に「Animal ○○(キャラ名)」や「Furry ○○」や「Anthro ○○」、または「(動物名)+(キャラ名)」といったようなキャプションが添えられていることが多い。
とりわけ「○○ as furry」や「○○ as Animal」(ケモノとしての○○)といった文章が比較的多く使用されている傾向にある。
稀に「furried(ケモノ化された)」という言葉が使われている場合もある。

実際にはこの限りではなく、作品やグループごとに種類を絞ったり、干支や十二宮星座に見立てるなどバリエーションは多い。

僕はバニーじゃない!


3と4の複合系の一例
TIGER&BUNNYバーナビー+山崎パンの商品キャラクター「ロールちゃん」)

transfurとの違い

transfurとは、furry(ケモノ)(fur(毛皮・獣毛・にこ毛・柔毛)から派生した語で、語源的に日本語の“ケモノ”に相当する)にtransform(変身)するという意味の造語で、
主に人がケモノに変化するシチュエーションを指す(ただし、人によっては、特定のケモノや獣人が、別種のケモノや獣人に変化することを指す場合もある)。
この語は、その変化・変化過程のシチュエーションに重点が置かれているのが特徴であるため、
特定のキャラを特定のケモノになぞらえたり当てはめたりしてケモノや獣人として描く「擬獣化」とは微妙に指向性が異なるものである(人によって微妙な傾向の違いがあるので、一概には言えないが)。

海外の方が盛んなジャンルだが、海外ではtransformationと称されるのが普通である。この用語が使われるのは日本のネット上だけでありそのシチュエーションを主に扱うサイトhttp://www.transfur.com/のタイトルから、日本の愛好者が流用して使うようになった用語である。
TFと省略されることもあるが、上位概念のtransformtionと区別がつかないため(またtransformerの略称と区別出来ず検索妨害になってしまうため)、タグとして使う場合は、transfurとだけ付ける方が良い。

pixivにおいては、状態変化カテゴリに包括されるものと見なされ、下位カテゴリとして扱われているが、
上述のような海外での用法を反映してtransformationの下位区分と見なされることも多いので、使用に際してはこの点を留意したい。


関連イラスト

ケモノな先生
ケモイカ娘


Strawhat dog crew
VOCALDOGS



ジャンル専用タグ

HANDYMONSTERS:携帯電話擬獣化オリジナルキャラ企画

【携帯擬獣化】HANDY MONSTERS【企画】


東方動物園東方プロジェクトのキャラ擬獣化

門番とメイド長のベットシーン


ケモノイレブンイナズマイレブンのキャラ擬獣化

イナゴ 嘘アニメ(ケモズマ)


ケモロンパダンガンロンパのキャラ擬獣化

【擬獣化】弾丸論破


黒バスアニマル変化黒子のバスケのキャラ擬獣化(※獣耳も含まれる)

わんこのバスケ2



関連タグ

ケモノ 

種類

擬犬化 擬猫化 擬牛化 擬馬化 擬鳥化 擬鶏化 擬蛇化 擬蛙化 擬魚化 擬虫化
擬竜化/擬龍化 擬獣人化 擬鬼化 擬魔化

擬版権化

擬ポケ化 擬カビ化 擬カーバンクル化 擬ガンダム化

近縁

擬生物化 擬人外化 擬草化 擬神化
擬機化/擬メカ化 擬ロボ化 擬物化
擬人化 半擬人化 ほぼ擬人化

擬が付いていない

状態変化transfur含む場合有り
動物化 獣化 ケモノ化 半獣化 首下獣化
犬化 猫化 鳥化 爬虫類化 両生類化 魚類化 虫化 人化/人間化
モンスター化 獣人化 竜化/ドラゴン化 亜人化 異形化
生物化 植物化 機械化 物品化 人外化
ポケモン化 ポケモン架空動物化 ポケモン怪人化 ポケモン機械化
ガンダム化

pixivに投稿された作品 pixivで「擬獣化」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18790135

コメント