ピクシブ百科事典

救難機

きゅうなんき

遭難した人々を捜索・救難するための航空機。固定翼機(通常の航空機)と回転翼機(ヘリコプター)があり、それぞれ役割がちがう。
目次[非表示]

救難機とは

遭難した将兵や機材を捜索し、救難またはその支援を行う航空機。もちろん、平時は消防や救急の救難活動の支援に出動する事もある。
通常、救難機にはどんな場所にも救助に降下できるよう、ヘリコプターが充てられている。
しかしヘリコプターのみで救難任務にあたるには、航続距離・時間ともに心許ないという欠点がある。

そこでヘリコプターは救助にのみ使用され、捜索そのものには通常の固定翼機があたる事が多い。
固定翼機(捜索機)には監視員の視界を重視したバブルキャノピーや、救難電波発信機の電波を受けられるようなセンサーなどを搭載している。

これら捜索機が遭難者の位置を特定し、救難機を誘導するのである。
救難機はホイスト(ワイヤー巻き上げ機)を使って救難員を降下させ、または遭難者に掴まらせる。

日本ではEEZ(排他的経済水域)が広いため、海上での救難活動に重点を置いた救難機を開発している。
中でも新明和US-1世界唯一の救難飛行艇であり、捜索と救難を同時に行える。

「救難機=救命ボート投下」からの脱却

なお、第二次大戦中の救難機は、
『海上を捜索し、遭難者を見つけしだい救命ボートを投下する』
というものだった。
だが、そもそも遭難者が単独で泳いでいる場合が少なく、
(何時間も泳いでいられる程体力のある人間はそうそう居ない)
投下するまでもなくボートで漂流している事が殆どだった。
それならば直接そばへ寄って救難できる方が都合がいい。

大戦後、間もなく実用化されたヘリコプターは、
朝鮮戦争でさっそく陸戦での負傷者や、
敵地の陸海で脱出したパイロットの救出に利用されている。
もちろん、場所を問わないVTOL能力を買われてであった。

フルトン・リグ

固定翼機のほうもVTOL能力がなくても救助できるよう、フルトン式STAR回収システムを開発するなどしたが、救助はヘリの仕事となっていった。

フルトン・リグ使用には条件があり、
・付近に高い建造物がない・地形が平坦など、低空飛行できる環境であること
・要救助者が自力で移動でき、かつ回収装置を正しく装着できること
(最初に気球を拾う必要があるため)
・低空を等速・直線飛行しなければいけない為、対空砲火が無いこと
など、同時に満たすのは難しかった。

この方式は元々海軍が「海上に降下したパイロット救助用」として改良したもので、海上でなら条件は割と簡単にそろえることが出来る。
(ちなみに元々は僻地での郵便回収用だった)
のちに『特殊作戦での人員回収にも使える』とされ、今度はアメリカ空軍でも試験運用が行われた。

だが、戦場では必要条件の難しさに加え、(交戦中に回収しなければいけない事もある)
回収直後は要救助者も共に超低空飛行するため、「縦に長い」安全距離を確保する必要もある。
航続距離の延長のために空中給油能力を持たせるなど、ヘリコプターが急速に発展した事もあり、救難装備としてのフルトン式STAR回収装置は廃れていったのだった。

pixivに投稿された作品 pixivで「救難機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6357

コメント