ピクシブ百科事典

文々。新聞

ぶんぶんまるしんぶん

東方projectキャラクター、射命丸文が発行している新聞の名前。
目次[非表示]

読みは「ぶんぶんまるしんぶん」

概要

東方Projectの登場人物である射命丸文が発行している新聞
彼女の新聞は天狗には珍しく、人里を扱った記事を書く。

天狗の新聞は大抵個人で取材から起稿まで行われている。
その関係で、外の世界における新聞と比べると記事が特定のジャンルに偏ったり、発行が不定期になる。

文には真実のみを記事にし、裏の取れない情報は記事にしないというポリシーがある。(博麗霊夢武勇伝を書けば量のある記事になるものの、裏が取れないため掲載していない)
その一方で、真実でさえあれば記事のネタ自作自演することもある。この新聞は主に天狗仲間が購読しており、八意永琳はその内輪ぶりを「学級新聞」と皮肉っている。

稗田阿求は「情報媒体というよりむしろカフェで人気で、アンニュイな午後を過ごしたい人妖に向く。」と述べている。『東方香霖堂』における森近霖之助の評としては、内容はともかくとして"天狗に人気がある新聞より"「文々。新聞」の方が考察と知識を深められるとしている。

発行は多くて月に5回程度である。しかし号外が始終出るため、記事が薄い割に紙としての量は結構な割合になっている。

霖之助の評に「天狗に人気がある新聞より」とあるように、「文々。新聞」は他の天狗の記事と多少違う様子。記事の内容も、人間を含めた色々な事を積極的に書いている。(異変・稗田阿求の生誕・香霖堂の商品入荷。等々)

書庫文花帖にある実際の記事は、ゲーム文花帖のコメントよりも遥かにまとも。特定のジャンルに偏ったりしている様子も特に無かったりする。射命丸文自身が仕事プライベートで態度が変わることから、手帳のコメントと新聞の内容も同じような事だと言える。

タグとしての使用

東方Projectイラストにおいて、「文々。新聞」またはそれに類するものが登場するイラスト(文が新聞を取材・執筆・配達する等)や「文々。新聞」の紙面をイメージしたイラストに付けられる。
また、直接は「文々。新聞」には関係ない、何かしらスキャンダラスな内容の作品に対して『後の「文々。新聞」の一面である』といったニュアンスで付けられる場合もある。

二次創作において

概要の最後に書いた通り、ゲーム文花帖のコメント内容が自重していない(文個人しか使わない手帳の為)ため、天狗全般の性格と相まってゴシップ的内容に満ち溢れていることが多い。それ故に碌な扱われ方がされておらず、文が登場する場合その扱われ方にショックを受けるか激怒していることがしばしば。

また、逆にネタの出何処を巡って、ネタ元にされた他のキャラ(主に博麗霊夢霧雨魔理沙アリス・マーガトロイド八雲紫レミリア・スカーレットあたり)からボコボコにされる事も多い。

文の使っているカメラに関して

二次創作では文が取材に使用されているカメラが描かれることが多い。
従来、幻想卿の人里のイメージが江戸末期~戦前期の下町をイメージしたものだった為、文のカメラは一眼レフの古典的MF機が描かれることが多かった。
しかし、「香霖堂」第22話を転機として、幻想卿≒明治昭和期のイメージが崩れ(詳細は八意永琳を参照)、以降は現代的な高機能AF機や、デジタルスチルカメラを持っている事も多くなった。ビデオカメラを使っていることもある。
二次創作でのゴシップ誌扱いから、小型デジタルスチルカメラを盗撮用に忍ばせている事も多くなった。

関連イラスト


  • 文と「文々。新聞」

文々。新聞でーす!
新聞制作


Sales Bitch



  • 「文々。新聞」の主な使用法

毎日の練習
がんばれ!小傘ちゃん216


領域侵すべからず



  • 「文々。新聞」紙面

こちら紅魔館・別館 その12
文々。新聞・芸能面


痛車の走行会記事 電子版



関連タグ

東方Project 東方文花帖 ダブルスポイラー
射命丸文 伝統の幻想ブン屋 文々。新聞
姫海棠はたて 今どきの念写記者 花果子念報

pixivに投稿された作品 pixivで「文々。新聞」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 701506

コメント