ピクシブ百科事典

文芸部

ぶんげいぶ

部活の1つ。誌・小説、随筆、論評などの執筆を主な活動とする。
目次[非表示]

概要

部活の1つ。
小説随筆論評などの執筆を主な活動とする。
美術部と並ぶ文化部の双璧であり、学園ものの題材となることも多い。

現実での文芸部

文化と芸術の学部。文が先につくので、小説や詩などの文系部活のようだが、
実際は、漫画など芸術をしていても良いのである。
(顧問の先生が理解していればなのだが)

基本的に中学高校大学にはある部活である。
学校にもよるのだが、ハードな練習をしなければならない運動部に比べれば、かなり楽な部活の部類に入ると言える。
やりがいを感じたいためには、少し物足りないかもしれない。
とりあえず、作文用紙に何か書いていればそれが活動になるし、絵や漫画を書いていても良い部活だったりする。

中学ぐらいだと、女子に人気がある部活だが、高校も後半になってくると、創作をしたい男子も入部してきたりする。

文芸部を扱った作品

文芸部を舞台とする作品

文芸部の登場する作品


“文学少女”シリーズでの文芸部

部長天野遠子と、強引に入部させられた主人公井上心葉という二人だけの部活。
実質的には本を愛するあまり食べてしまうという遠子の「おやつ」(つまり書きたての三題噺)を、
心葉が作り遠子が食べてコメントする、というのが日常の活動になってしまっている。
遠子が興味を持つような事件が発生すると、探偵コンビに早変わり。
文学に広い造詣を持つ遠子の、文学を題材とした推理が冴えることになる。

涼宮ハルヒの憂鬱での文芸部

物語が始まった時は、3年生が卒業してしまっていたため、1年生、長門有希だけだったという部活。
SOS団の活動場所として、文芸部の部室は乗っ取られる事になる。
文芸部廃部の描写はないので、SOS団と共存していると思われる。
長門有希はずっと本を読んでいるのだが、それも文芸部の活動と言える。
とはいえ、劇中、文芸部の活動描写はほぼない。

関連タグ

部活 文化部 文学 文学少女 文学少年

文芸部を扱った作品
文学少女シリーズ 氷菓 境界の彼方
涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒシリーズ) 涼宮ハルヒの消失

pixivに投稿された作品 pixivで「文芸部」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39044

コメント