ピクシブ百科事典

斉天大聖

せいてんたいせい

孫悟空の別名で神としての名称

中国の冒険小説・西遊記の主人公、孫悟空の別称。
「天に等しい大聖者」と言う意味が含まれている。

元は孫悟空が三蔵法師に弟子入りする遥か以前・・・未だ「美猴王」を名乗っていた折、天界に反逆して大規模な戦を仕掛けた際、部下に薦められて自らのふたつ名としたもの。
三蔵法師に弟子入りした後も、一部の神仙はこの時の呼び名に沿って孫悟空を「大聖」と呼んでいる。

因みに現在、孫悟空はこの「斉天大聖」の呼び名で神のひとりとして、特に台湾や東南アジアで篤い崇拝を集めている。

pixivに投稿された作品 pixivで「斉天大聖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 425713

コメント